月 と 六 ペンス。 「人生を狂わせる芸術」とは?『月と六ペンス』が描いた、狂気と魔力|三宅香帆の文学レポート|三宅香帆|cakes(ケイクス)

サマセット・モームの後期の活動は『シェピー』をきっかけに劇作家を引退しています 発表と同時に反響をよび、モームの作家的地位を不動のものとした
タヒチでのストリックランドのことを話し終えた私の頭には、彼がアタとの間に儲けた息子が、大海原で船を操っている姿が浮かんでいた 物語には二種類の人間が登場する
マネージメントと営業以外は社員に任せるしかない すべての椅子がカウンターに沿って窓や壁のほうを向くスタイルは、まさに読書の楽園
註 [ ] []• ストルーヴに連れられストリックランドと再会するが、彼は相変らず貧しい暮らしをしていた 『信義の人』『ドット夫人』『ジャック・ストロー』『スミス』などを上演し、劇作家としても活躍していくことになるのです
「絵を描かなければならない」 ストリックランドはそう言った 芸術家とは本質的にそのような生き物なのではないかと思います
桜庭一樹が読む 世の中には二種類の人間がいる 非常にライトなタッチで描かれているので、どっしりと腰を据えて読書をすると言うよりも、旅行中の汽車の中や飛行機の中、外の景色を見ながら、軽い気持ちで読書をするのに向いているのではないでしょうか
17 30

もっともそういう乱暴しないで、何をどう読んだのか、そのプロセスを多少は実況しようというのが千夜千冊だったのである。

クリエイティブな仕事がしたいと 独立の道を ホームページ制作を中心に事業展開されていますが、現在に至る経緯を教えてください。

外部リンク [ ] ウィキソースに の原文があります。

自分がどんな意味を見出すかこそ、人生のすべてであると感じられた。

既存版が1995年まででおわっていたのが、2020年までのクロニクルがずらり出揃った。

ストリックランドがタヒチを発見した時の表現できない歓びがすっと伝わってくる。

5年ほど、ライターの仕事をしていたと思います。

きっとこの作品は、1人の人生を変えてしまうほどの力をもっているのでしょう。

84