マイ ゼン シスターズ 脱獄 ごっこ。 まいぜんシスターズ顔バレ画像や本名は?炎上歴やおはスタ・ヒューマンフォールフラットも!│知りたい情報盛りだくさん!

理解不能!?迷惑行為の正当化 さらにまいぜんシスターズの悪行はこれだけにとどまらず、当時のEXVSシリーズ界隈に 決定的な悪影響を与えた問題行為が 「あまりにも身勝手な迷惑行為の正当化」です 上記の8の動画が投稿された結果、 その内容を鵜呑みにしたまいぜんシスターズ信者達が伝説のオコリザルの動画に殺到しました
この時点での動画内での ネタバラシや伏線などの要素は一切無く、徹頭徹尾 「自分が全て操作して相手を倒している」という体で実況していることが分かります 特にこの伝説のオコリザルの一連の指摘において、まいぜんシスターズの行った 相手の言ってもいない発言を自身に都合の良いようにねつ造・歪曲し、動画で意図的に悪意ある嘘情報を広め、視聴者の攻撃を誘導した件については後日、 【刑法 233】"虚偽の風説を流布し、または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 "「偽計業務妨害罪」 の構成要件を満たす、 言い逃れのできないれっきとした犯罪行為であると指摘されています
ミッキーはマイッキーことぜんまい• 2015年にチャンネルを作成し、マインクラフトや大乱闘スマッシュブラザーズ、Fortnite、脱獄ごっこなどのドッキリ・プレイ動画を投稿しています かなり徹底した個人情報管理がされています
このチャリティ活動を通して、社会及びYouTuberのイメージ向上に少しでも貢献したいです 当たり前ですが、例えばゲーム以外で野球やサッカーの大会で頑張って練習を重ねた結果見事優勝を勝ち取り、今までの努力が報われた…!と喜んでいるところに、 いきなり偽物の優勝トロフィーを持った赤の他人が飛び込んできて 「いやー優勝するために一杯練習して頑張りました! 大嘘 とてもつらかったです! 大嘘 でもおかげでこの俺が優勝できました! 大嘘 これからもよろしくお願いします!」 なんて 自分の宣伝や売り込みを始めたら、当然優勝した人も、その周りの人達もいい気分になる人はいないと思います
どのゲームも人気があるものばかりですので、子供を中心に人気を集めているようですね このチャリティ活動を通して、社会及びYouTuberのイメージ向上に少しでも貢献したいです
こちらのfortnite動画は リクエストの多かったあのミッキーと コラボするというもの 動画の中では、「中身をすり替えて配信していたのは 事実だが、後半の動画で すり替えを暴露するドッキリ企画にする予定だった」と説明されています
ぜんいちさんとマイッキーさんは 幼馴染だそうで、絶妙な掛け合いが魅力となっています それを受けて まいぜんシスターズは一連の騒動に関する動画を一斉削除、批判的なコメントに関しても削除、動画の評価を非公開にするなどの措置を行っています
79
そのため、ちょっと変わった個性的なゲーム実況者が見たいという方には、まいぜんシスターズはとてもオススメですよ 2019年からスーパーチャットの収入を全て寄付することを明言している とのことです
「自称全国1位の経歴詐称」と「迷惑行為の正当化」史上最悪の悪魔合体 そしてここにきて問題だったのが先述の 「自称『全国1位』の経歴詐称 とそれに騙された多数の視聴者たち 」 と 「悪質な煽り行為を無理やり正当化しつつ、さらに初心者も多数見ている自身の動画で頻繁に使用する」 という行為 この二つの迷惑行為が 最悪の悪魔合体を起こした結果、どうなってしまったのかといいますと… 煽り・迷惑行為が大流行し、EXVSのゲーム界隈全体の民度がドン底にまで堕ちてしまったのです そもそもこういったプレイヤーすり替え系の企画は、今回のような件に限らず 「本当は後からネタバラシなんてするつもり無かったのでは?」 「後出しで都合の良い誤魔化しを言っているだけでは?」 という追及を受けないためにも、 1本目の動画の最後でネタバラシするなり、 ネタバラシへの伏線を張っておくなりするのが普通なのですが、それを 全くしなかった理由は何故なのか? 少し見ただけで大多数の人に見破られるような稚拙な 自称 すり替え企画を自分でたてておいて、それを見破られたからといって わざわざ潰す必要のない企画を自分で潰したうえに、さらにその 炎上騒動の責任を他人に転嫁しようとする理由は一体何なのか? という事を考えると、 自然と答えが浮かび上がってきますね
『シャゲダン=敬意』にしよう 自分に都合がいいように発言を捏造している• 「YouTuber」というと一般的にはよくない部分が目立ちがちだと思いますし、正しく理解されていないところもあると思いますので、少しでも誤解を解くことにつながったらいいなと
このツイートにある 「機動戦士ガンダム エクストリームバーサス マキシブースト家庭版」というゲームは、 実際には発売されていない架空のゲーム、つまりこれは 嘘のツイートという事になります 現在にいたるまで謝罪はなく、これについて言及はされていないようですね
同年12月には 難病を抱えている子供の支援や貧困対策のため、寄付として107万2814円を送られています! 今年最後に寄付をします! 寄付先に関しては近日動画にします 二人のプロフィールはこちら! ぜんいちのプロフィール 引用: 名前:真面目なぜんいち 本名:木村〇〇(ぜんいち 年齢:20代 まいぜんシスターズのメンバーの一人が ぜんいちさん
2019年に低年齢層視聴者に人気を博したまいぜんシスターズ 説明した通り彼らは 一度も大会で優勝したり、全国1位になったりした事はないのですが、動画内でも 自称「全国1位」発言を連発しながら、この他にも 同じような内容の悪質な「サムネ詐欺」動画を大量に投稿していました
詳しく説明をすると、上に貼ってある動画内でもまいぜんシスターズが頻繁に行っている「 機体を左右に細かく振動させる」という行為は 「シャゲダン」と呼ばれるこのゲームにおける煽り行為の代表格であり、歴代EXVSシリーズのWikiにも毎作しっかり 「煽り行為なのでやらないように」と書かれています 最近では煽り行為などはしていないようですが、子供たちも大好きなYouTuberとなっていますので、悪質な行為はせずに動画を投稿していってほしいですね! まいぜんシスターズの最近の活動は? 以前は炎上騒動もあったまいぜんシスターズですが、現在は炎上とは程遠い平和的な動画を投稿されています
まとめ しかし、根本的に過去あれだけ 大量の悪質な行為を 長期間に渡り行っておいて、 かつて 自身が活動していた界隈に 多大な迷惑をかけておいて、 直近の炎上騒動においては 他人に責任を転嫁するだけにとどまらず、 犯罪まがいの行為まで行っておいて、 現在に至るまで 過去の数々の悪行について 完全にしらを切り通し、 数多く存在する被害者の人たちに対しても 一切何の謝罪も行っていないというのは、やはり 何も悪いとは思っておらず、何の反省もしていない、と言わざるを得ないでしょう 結果的に、 まいぜんシスターズは騒動に関する動画やガンダムVSガンダムの動画をすべて削除しています