ファモチジン。 医療用医薬品 : ファモチジン (ファモチジンD錠10mg「サワイ」 他)

ファモチジンの特徴をおさらいすると、 ・ヒスタミン2(H2)受容体をブロックすることで、胃酸の分泌を抑える ・特に夜間の胃酸分泌を抑えてくれる ・関節の石灰化を溶解する作用が報告されている ・副作用が少ない ・ジェネリック医薬品であり薬価が安い というものでした ファモチジンの使い方は、 通常、成人には1回20mgを1日2回(朝食後、夕食後または就寝前)経口投与する
その他、低血圧、下痢、めまい、頭痛、発赤がみられることがある (60歳代開業医、循環器内科)• ・酸抑制効果が高く、効果発現も早い
そしてそれが薬価の差になっているのです カルシウムが下がることで石灰化を改善する効果があるのではないかと推測されています
妊婦・産婦・授乳婦等への投与• 循環器:血圧上昇、顔面潮紅、耳鳴、徐脈、頻脈、房室ブロック 2).本剤は寝たままの状態では、水なしで服用させない
最近はPPIからファモチジンに回帰している 2.治療にあたっては経過を十分に観察し、病状に応じ治療上必要最小限の使用にとどめ、本剤で効果がみられない場合には他の療法に切り替える
また、1回40mgを1日1回(就寝前)経口投与することもできる• 服用時:• ゾリンジャー・エリスン(Zollinger-Ellison)症候群• (適用上の注意) 1.薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている) 7.ファモチジンが向いている人は? 以上から考えて、ファモチジンが向いている人はどんな人なのかを考えてみましょう
37