俺ガイル ss 八 陽 修学旅行 アンチ。 比企谷の自殺

75

, 八幡があまりの周囲からの冷遇に家を飛び出していつの間にか川崎家に居候することになるというお話。

1 of the novel series 螢翫l縺溷�蟷。. この後大丈夫か?」 「えっ、あぁはい… 流石にいつもみたいにふざけてなんですか誘っ ry なんて言えないよね… 」 ~喫茶店~ 「それで修学旅行…ですよね?何があったんですか?」 「実はだな…」 ~八幡説明中~ 「先輩…また…そんな事したんですか…?」 「…お前もそういう反応するんだな。

「ゴミいちゃん、雪乃さんと結衣さんには謝ってきたの!?」 「あ?謝る必要なんかねえよ」 そう言い通り過ぎようとする八幡。

陽乃の表面に騙されなかったり文化祭で助けられたりで、文化祭準備の帰りに「また明日」と手を振るなど次第に比企谷に惹かれてきている側面が見られる。

折本作品の展開は大体どの作品も同じようなルートを通るわけですが、台詞回しも自然で原作に近い空気感なので、こんなルートもあり得るのかな、と思わされます。

比企谷家、奉仕部、同級生アンチ。

話した俺が馬…」 いろはにも拒絶されたと思い、帰ろうとする八幡。

9