カリフォルニア 州 人口。 米カリフォルニア州、限定的な自宅待機命令を発表、人口の94%が対象(米国)

一方、約30州が州の公用語を定めており、カリフォルニア州ではの州法改定で、共通語であり公用語であるのは英語である旨を明文化している。

ヒスパニック系移民の流入でローマ・カトリック教徒の人口が急成長している。

が529,575人であり、サザン・・コンベンションが471,119人である。

カリフォルニアはにアメリカ合衆国第31番目の州となった。

カリフォルニア州の宗派別人口構成比• 上の地域内の重要な郊外の一覧、参照:。

アラブ系は1920年代以降にカリフォルニアに住んでおり、特にセレスとターロックのとカルデア系、およびが有名である。

世界の国と比較してもGDPで9位、購買力平価説購買力平価で12位になる。

(Escondido)• ・ネーションが州内最大の部族であり、人口は11万人だが、人口統計学者に拠るとチェロキー族の子孫は60万人を超えている可能性があるとのことである。

言語の問題は州内でも重大な政治問題であり、特に移民言語の教育と公式の使用を規制するに関するところが大きい。

96
北カリフォルニアJET同窓会組織には2,800人以上が登録、世界最大のJET同窓会組織• 選挙公報、確定申告など公的文書にもスペイン語表記があるため、連邦や州のだと誤解されがちであるが、アメリカ合衆国に公用語はない 4 C 35 Humboldt County 134,623 人 61,559 戸 46. カリフォルニアの語源は黒人のの人々が住み、女王カリフィア(恐らくはが語源 )が支配する空想上の天国から派生したというのが最も普通に信じられている
1970年代後半にアメリカ寄りのイラン国王政権が追放された後に移民してきたものが多い 系の社会は南カリフォルニアに集中している
人種および国勢調査上のもっと多くの情報につい詳しくは ()を参照 2000年国勢調査 2008年推計 ヒスパニック以外の白人 47. 6,000人以上の人がフレズノ地域に住んでおり、その中にはミャオ族として最大の社会もある 9 - 13 6,830,038 人 6,724,540 人 51. 言語の問題は州内でも重大な政治問題であり、特に移民言語の教育と公式の使用を規制するに関するところが大きい
現代ではカリフォルニアの丘陵は夏に特徴ある金茶色に変わる 新移民はバブル景気以降の日本の「国際化」(=化)を受けて、アメリカで生活することを選んだ人たちである
これらの州内完結の路線にはという独自のブランド名がつけられ、他のアムトラック列車とは違った塗装・仕様の車両が用いられる