トイ ストーリー キャラクター。 映画『トイ・ストーリー』キャラクターの一覧

可動部が多い ウッディ達の脱出計画の際にスリンキーによって、テープでぐるぐる巻きにされ、机の下の引き出しにしまわれた
力が強くトラックではウッディを振り回していた 「無限の彼方へ、さあ行くぞ!」が決め台詞のバズ・ライトイヤー
キアヌが声で出演しているとなると、原語版も日本語吹き替えも両方見たくなっちゃいますね 『3』ではアンディの家にいるモリーの人形として登場
テキサス・インスツルメンツが製造・販売していた「スピークアンドスペル」(1978年の映画『』でも登場)がその原型 はじめは自分のことをおもちゃだとは思っていなくて、ピュアでまっすぐなハートを持ったキャラクター、そこがバズの人気の秘密ですね
DVDの特典映像に登場する構想図を見ると、当初はロッツォ一味としてデザインされていたことがわかる 無口で頑張り屋である
その際は幼稚園児のように丸い性格になり、彼のことをパパと呼んでいた(小説版では動かなくなったザーグを抱いて悲愴な様子を見せており、彼を埋葬する旨をウッディたちに語っていた) ハム以上に皮肉屋で嫌味な性格に見られがちだが、仲間を大事に思う気持ちは人一倍に強い
昔、サニーサイドの物(ロッツォ)とは別のベアを持っていたらしい 『トリーツ』ではウッディとボードゲームで勝ったり、レックスにマッサージしたり、くすぐったり、挑発してそのまま落とされたりなど、シドのオモチャの中では出番が多い
『2』では11歳 しかし、微かに開いた蓋からウッディの足を掴み道連れにし、追いついたバズ達と共にゴミ処理場まで運ばれてしまい、細断シュレッダーに砕かれそうな所をウッディ達に救われるも、改心したと思いきやその先の焼却炉から1人で脱出し、ウッディ達を裏切って自分だけで逃げようとする
アンディに未練はありません アンディの説明では、「この世で一番恐ろしい怪獣」らしいが、実際は気弱で大人しい性格
英語版の軍曹役であるR・リー・アーメイは、のハートマン軍曹で有名 アメリカの玩具メーカー、オハイオアート社が数十年前から発売する実在のおもちゃ
第1作目でも、新しいおもちゃが購入されて古いおもちゃが捨てられてしまうのではないかという切なさが描かれていましたが、今作は実際に捨てられてしまったジェシーが登場することで、とてもリアリティのあるものになってきます しかし現在、米国で製作されるアニメのほとんどがCGアニメなのは『トイ・ストーリー』の成功によるところが大きい
トム・ハンクスの大ファンなので、ウッディのことが大好きです!• ウッディが「オモチャ殺し」の疑いをかけられたときは、ボーと共に誰よりも彼の潔白を強く信じていたが、ウッディがバズの腕を取ったと誤解した時は彼を信用しなくなるが、レニーとボーの証言で真実を知ると疑ったことにレックスと共に罪悪感を抱き、誰よりも積極的に彼らを助けようとした ,キングダム ハーツIII)、綿鍋想(3) アメリカでは数十年前から売られている「緑色のオモチャの兵隊」で、数が多く約100体ある