セレナ フル モデル チェンジ。 新型セレナのモデルチェンジは2021年秋頃か プロパイロット2.0搭載で低燃費も実現

具体的にはフルモデルチェンジ後の 搭載エンジンの排気量が「1. 価格にシビアなユーザーが多いミニバンで、高価格なe-POWER一本に絞るのはリスクが大きすぎる 特にセレナクラスを検討するユーザーは、他のカテゴリーに比べ価格に対しシビアな厳しい客も多い傾向にあるという。 これまではステアリングホイールの内側を覗き込むようなレイアウトだったが、ステアリングホイール上縁のさらに上にあるメーターパネルを見るようになる。 燃費は26. 5代目となる新型日産セレナには新機能が満載されています。 ルート上の高速道路出口に近づくとディスプレイの表示と音でドライバーに知らせ、連絡路へ分岐した後、ナビ連動ルート走行を終了。 0」の主な作動シーン• セレナe-POWER ノア VOXY ハイブリッド 全長x全幅x全高 mm 4690x1695x1865 4695x1695x1825 ホイールベース mm 2860 2850 定員 7名 7名 エンジン 1. 他にも三菱自動車のもフルモデルチェンジを機に、セレナのシャシーがベースになるのかも。 新型セレナにも新型エクストレイル同様のインテリアデザインが活用される可能性が高いと予想できます。 e-POWER:27. 理由はシンプルに「静粛性の追求」にあります。 mを発生。
80

エンジンとの協調制御を行うほか、700パターン以上の仮想変速線を生成し、最適な変速を行う「アダプティブシフトコントロール」を備え、ナビ協調変速なども行う。

主な改良点は プロパイロットのワイパー作動時挙動改善と 先進安全技術の向上及び 全方位運転支援システムとこれまでオプションだった アクセル・ブレーキ踏み間違い衝突防止アシスト機能と車線逸脱防止支援システムが標準装備 次期セレナには「プロパイロット2. まさに日本を代表するファミリーカー。

フロントマスクからサイドビューまでの調和のとれた一体感のあるデザインには、力強さとともにエレガントさを感じます。

「踏み間違い衝突防止アシスト」が前方歩行者も検知可能な仕様となる• これによりウインドーが隠れず車内が明るくなるほか、高い位置にハンドルがある自転車などの積み下ろしがしやすくなった。

これらを踏まえてみると、セレナがいかに人気のミニバンなのかが分かります。

ただ、製造後から一定期間経過したら、そのまま書類だけでは登録出来ないこともあるようなので、中古車として流す場合もあるかもしれないね。

セレナは主力車種ですし、アイコン的な意味でもあり得ます。

現行型セレナはe-POWER以外にも、スマートシンプルハイブリッドのMR20DD-SM24型、コンベンショナルガソリンエンジンのMR20DD型が用意されている。

e-POWERシステムはノート用1. 0」が採用されます。

eパワー搭載車はこれを大幅に上回る見込み。