佐川 急便 コロナ 感染。 佐川急便、「コロナ危機」を生き抜く物流戦略

2021年02月08日• 飛脚航空便への影響について 2020. コロナ禍で宅配大手のヤマト運輸や佐川急便は2~4月、代金引換などを除き、非対面の受け渡しを開始。 なお、本件は3月2日以降、主に個人宅向けの配送を対象に順次実施していきます。 運用方法• 港営業所の業務を一旦停止し、業務スペース、トラックなどの消毒作業を実施した後、業務を再開する。 特に宅配ボックスは大型の新築マンションのほぼ全てに設置され、古いマンションでは改修して取り付ける動きも。 20 佐川急便では、従業員の新型コロナウイルス感染が判明した場合、お客さまと従業員の安全を最優先に考え、所轄保健所、関係省庁、地方自治体など、関係機関と連携の上、感染拡大抑止のため必要な対策を実施いたします。
77

ヤマト運輸は、在宅時にインターホン等でセールスドライバーに希望を伝えることで、自宅玄関前等の指定場所に荷物を置くサービスを一時的な対応として、3月31日まで実施する。

新型コロナウイルスの影響による航空会社の運休・減便・機材変更にともない、飛脚航空便のお届けに遅れが発生しておりましたが、国内幹線空港間での貨物臨時増便などの対応により、改善に向かっております。

2020年11月09日• 駅やスーパーマーケットでの設置も全国的に進んでいる。

これによって、港営業所が行っていた名古屋市の昭和区、瑞穂区、港区、南区の集荷と配達に遅れが出る可能性があるということです。

2017年11月21日• このため会社では、来月1日から当面は原則として電子サインによる署名をとりやめて、ハンコやサインによる受領印を求めることにしました。

今年4月は新型コロナに伴う外出自粛で8・5%に減ったが、再配達に必要な労働力は年間約9万人分に相当するとの試算(2014年度実績)もある。

佐川急便は、荷物の受領印として伝票にはんこを押してもらったり、サインしてもらったりする従来からのやり方に加えて、5年前からスマートフォンの画面上に専用のタッチペンで署名してもらう、「電子サイン」の方法を導入しています。

(07月12日)• (07月12日)• 詳細については、以下のURLよりご確認ください。

38
新型コロナウイルス感染症の拡大にともない、一部地域において飛脚国際宅配便のお届けを停止、または遅延しております。 2016年08月04日• (07月12日)• 宅配便お届け時の非対面でのお受け取りについて 2020. ヤマト運輸の新型コロナ感染の拡大防止対策 ヤマト運輸では荷物の集荷や配送時、社員のマスク着用を推進。 日曜日・祝日においてはこれまで通り、集荷を希望される前日までに電話やインターネットにてご依頼ください。 航空便の減便で海外からモノが調達できない、あるいは一部遅延などの影響が出た。 2016年03月11日• そこで浮かび上がるのが「そもそも受け取りのサインや印鑑って必要なの?」との疑問だ。 佐川急便では、男性の勤務先の港営業所の業務を一時停止して業務スペースやトラックなどの消毒を行うほか、社内で濃厚接触した可能性のある従業員に自宅待機を指示したとしています。 2021年04月01日• ラストワンマイルを巡る新型コロナウイルス感染では日本郵便で配達業務を担当している社員の感染を確認。