サレタ ガワ ノ ブルー 65。 不倫の代償はこんなに重い……証拠集め、弁護士、慰謝料までリアルに描く『サレタガワのブルー』|Real Sound|リアルサウンド ブック

和正の不幸を願いながら、梢は別れを告げます。 60

それを聞いて藍子はどうするのか? 次回の話が気になります! >> まとめ いかがでしたか? 今回は『サレタガワのブルー』65話のネタバレと感想について紹介しました。

ずっと我慢してきたサレタ側に対し、シタ側は「突然離婚を突きつけられた」状態なので心の準備も覚悟も出来ていません。

外さないピアス、寝ぼけた暢に名前を呼び間違えられた…。

その時… 女の勘が働き、もしかして藍子以外にも女がいるのではないかと気づくのです。

暢はその光景を冷めた目で見つめて、そして口を開きます。

3枚目には#初エッチだったのに#あのふわふわの卵焼きのせいだ、などと笑えないこと三昧です。

暢が一番愛してくれないからこうなった、と叫ぶ藍子。