ストレイ シープ。 STRAYSHEEPのなぞを考える 美禰子が口にした「ストレイシープ」とは|jinetsuki|note

「三四郎」をユーモアのある恋愛小説として読んだときに、 迷羊 ストレイシープの思いを経た後に、男と女はどのように成長していくのか。

美禰子から見ると、広田先生も野々宮さんもそのような存在に見えているということです。

四尺ばかりの所、土がへこんで水がぴたぴたにたまっている。

「どうです、ぐあいは。

女はこの赤いものが、唐辛子であると見分けのつくところまで来て留まった。

本の終わり頃に出て来ます。

彼女はほどの大罪は犯しませんでしたが。

41
周囲は人が渦《うず》を巻いている。 「三四郎」は素晴らしい教養小説でもある。 続く(予定). 買い付ける際には、STRAY SHEEPとしての基準を決めています。 相手(美禰子)のことを心配しているなら、そんな遠慮や分析は不要です。 ところが三四郎は、これに対して、 「今までは霧の中にいた。 その一匹を救うことを喜ぶ。 途中で急に体調不良になった美禰子。 三四郎は石の助けをからずに、すぐに向こうへ飛んだ。
36 13