ラカンパネラ 難易度 ピアノ。 5つのラ・カンパネラ

96
パガニーニの作品の他にもバッハのオルガン曲、ベートーヴェンの交響曲、シューベルトやシューマンの歌曲、ヴェルディーやワーグナーのオペラなど ピアノ曲の難易度を付けることが難しい理由とは? 各曲に正確な難易度を付けることが難しい理由として、次の2点が挙げられます
しかし「大練習曲」という表現によって曲の偉大さが強調され、実際どの作品もかなりの難曲である事からリスト自身や彼の弟子たちもコンサートで実演し、今日もコンサートのプログラムに選ばれるようになったのだ その上テクニックが求められるのですから、これは至難の業と言えます
一方の2番はその逆で メカル面ではそんなに難しくなく 素人でも頑張ればそれなりに 弾ける曲だと言われます 僕に課せられた使命は、僕というピアノ弾きにとっての各曲の難易度を示すことだと思います
珍しい4楽章制 全体として、器用さ、大きい跳躍における正確さ、弱い指の機敏さを鍛える練習曲です
例えばの2番、 幻想は同格のEで上級レベルです 第7位 ショパン:12の練習曲作品10-4番 練習曲というだけあって手強いピアノ曲のオンパレードです
「そうは言っても実際に難しく聴こえる曲は難しいんでしょう」と安易に考える方もいらっしゃるかもしれませんが、 耳に聴こえる華やかさは当てにならないことも多いと考えるべきです (1を「エリーゼのために」として、数字が大きくなると難易度が上がる) 尚、ムードや聴かせる演奏を〜ということは考慮せず、ただ楽譜の音を拾うだけという感じでお願いします
今や彼の代表作として語られる事も多いこの曲の背景には意外な誕生秘話があった… もとのメロディはリストによるものではなかった そもそもあまり知られていないのが、この作品のメインテーマであるメロディ部分はリストによるものではないという事 第3版と第4版については現在では演奏機会がほとんどないのですが、『パガニーニの「ラ・カンパネラ」と「ヴェニスの謝肉祭」の主題による大幻想曲』と、そのさらなる改訂版になる『パガニーニの主題による大幻想曲』です
ショパンの練習曲は音楽性も高くピアニストにとっての到達点でもあります ラカンパネラクラスの曲を当然のように弾ける人が、電子ピアノで練習すると、速度が速く残響が多いため、音がスコスコ抜けるそうです
56