住民 税 計算 ツール。 住民税をシュミレーションできる無料エクセルシート

住民税は1月1日現在の住所地が課税する 住民税は、1月1日現在の住所地で、前年の1月1日から12月31日までの1年間の所得に対して課税されます。

計算の正確さを確かめたいなら、あなたの確定申告書や住民税の納税通知書と照らし合わせてください。

再計算する 上記シミュレーションは2020年4月時点の法令を基礎として個人事業主向けに所得税・住民税・国民健康保険料(税)の納税額の簡易計算をしております。

給与所得(勤務先から受ける給料、賞与などの所得)• 利子所得(公債、社債、預貯金などの利子)• 修正前に当初金額の手入力、次に増差欄へ手入力を行えば、申告納税額に反映されます。

住民税は 毎年1月から12月の1年間の所得を元に計算され、翌年の6月から徴収されます。

3%をかけて計算します 所得には総合課税と分離課税があり、それぞれ税率が異なります
・所得税 所得税は累進課税です 所得税率についてはを参照
9万円 = 手取り 391万円 年収600万円 - 社会保険料 85. 10 11 12 13 14 は社会保険料なので所得から差し引かれ、税金の負担を軽くしてくれます 自分の税金を「他人」に正確にシミュレーションしてもらおうと思ったら、税理士に依頼するしかありません
そんな中、住民税の計算は役所任せで計算したことがない税の専門家が多いようです 同時に所得税額や、ふるさと納税などの減税効果も計算されます
」 という仕組みで、税金を計算するときはこの額を経費として引いてから計算して良いことになっています 給与所得(サラリーマンの給料など)• 課税対象額が分かったら、「」もしくは「」から住民税を計算しましょう
5万円 = 手取り 463万円 年収700万円 - 社会保険料 99. 自己都合で退職するのであれば、翌年度に住民税が課税されることを考慮してお金をためておくか、退職後の収入の目処を立てるなど計画的に退職しましょう 黄色の部分を選択したり金額を入れるだけで簡単に計算ができます
公的な手当の受取額を試算することも
次に該当する方は、住民税のうち所得割額がかかりません 寡婦控除についてはを参照
厳密な計算方法を確認したい場合は、職場の給与担当者に問い合わせるのが一番早く分かります 生命・地震保険料欄 生命・地震保険料欄は、国税側に入力すれば住民税側にも反映します
40