レンドル最強。 イワン・レンドル

1990-1992 計72週• まさかビッグ4の次に位置するとは。

その対戦では レンドルも結構勝っているとのこと。
フェデラーがグラスに続き2冠を達成している - のプロフィール (英語)•
他にも、精神的な要因が大きく左右する タイブレークでのレンドルの戦績は見事なものだ ベッカーのサービス
しばしば言われてきたことである サンプラスの7度優勝を更新する8度のウィンブルドン優勝
プロテニス界は 2000年にトーナメント 大改革が行われ、 その際にグランドスラムカップはATPファイナルに吸収されることとなり、 名称も マスターズカップとなった レンドルは、 エンドラインの後ろに位置し、ボールが上がりきった所を打つ
バックハンドは効果的にスライスが使えるのでわざわざドライブにする意味があまりないのかもしれない いつものように低調な記録にも触れよう
1974-1983 計268週• ただのフラット系のショットよりも 重く速い球が打てることになる しかし試合はもつれにもつれ、 フェデラーが最初の2セットをタイブレークで取ったものの その後息切れを起こし、結局ファイナルセットタイブレークという壮絶な展開で ナルバンディアンが勝利を収めた
《 グラスコート勝率:上位20名》 1 フェデラー 87. 翌、にレンドルは初めて世界ランキング1位になった ツアー勝利:シングルス79勝・ダブルス1勝 *2020年5月時点• 2000-2001 計9週• 2003 計8週• 過去2度優勝経験のある ヒューイットは意外にも出場自体が少なく(4回)試合数は18となっている
試合は立ち上がりから ハイレベルな打ち合いとなり、 ストローク戦でも ベッカーは打ち負けなかった また、 も好成績だ
54
意外にも1988年の7勝というのは ベッカーの年間最多優勝数であった 第1セットを6ー3で取りながら第2セットを5ー7で落とし、ファイナルセットもタイブレークの末、ベッカーに突き離された
ところがその後、この心配を一転させる事態が起こる ボレーに対して必要以上に慎重になっていたからかもしれない
レンドルのテニスは、サーブ、フォアハンド、バックハンドのいずれもが1980年代トップレベルのもので、同時に「機械」と言われるほどの安定感も兼ね備えていた あわててラケットを出すベッカー
この時レンドルは、大会4連覇を達成したに 1-6, 6-4, 2-6, 6-3, 1-6 のフルセットで敗れた バックハンドのダウンザラインはお手本でした
つまり、 リターンエースは アガシのほうが多いが、 サービスエースを食らう数も アガシのほうが多いということになる この時、既に無敵の存在となっていた フェデラーだったが、 直前に怪我をしており約1ヶ月のブランクを余儀なくされていた
レンドルのようにスライスを パッシングショットとしても使いこなしてしまった選手は他にいないだろう 最初に在位した年-最後に在位した年 - 在位総週• 結果、 ズベレフや メドベージェフを抑えて若手の最上位となっている
史上最強決定戦を生で観られるなんて幸せですね ここ3年は5セットマッチの試合をしておらず、数字は変わっていない
その後の全米オープンを最後に腰痛の悪化のため、34歳で現役を引退した (1975年)• 出場するだけでも大変なこの大会においては立派な記録であるといえるが、 早期敗退も多く、また2005年には1試合に出場したのみで棄権してしまっているなど試合数が幾分欠けているのが特徴だ
の男子テニス界に長らく王者として君臨し、、、らと並び、男子テニスの歴史を通じて最も輝かしい黄金時代を築いた名選手のひとりである 2009年には ダビデンコが優勝した
実は、テニスのオープン化が関係しているのです 【コート別成績】 《 ハードコート勝率:上位20名》 1 ジョコビッチ 83. 準優勝は1回だけなので決勝にも強かったということがわかるが 裏を返せば早期敗退も多かったということになる