ホンダ の 1 月 中国 新車 販売 4.8 増 減産 で 伸び は 鈍化。 7月のホンダ中国新車販売、1.3%増と伸びが鈍化

4%増の18万9500台。

6%増(5448台)。

3%増と6か月連続で前年実績を上回ったものの、前年同月比は5月の91. 上海汽車との合弁の上海GMでは、ビュイックブランドが4. プラスに転じたのは2018年6月以来、22カ月ぶりとなる トヨタは、前年同月比30・4%増の18万9500台で、10カ月連続で前年実績を上回った
コロナ危機から回復傾向の中国市場でも、調達力の弱いメーカーなどは半導体不足が新たな懸念材料となっているようだ 前年の1月は新型ロッキーの発売直後で販売成績が大きく伸びていたために、その反動が出たダイハツは、同25. 『アコード』(日本名:『インスパイア』)が販売の中心
1%増と、6か月連続で前年実績を上回った 1%減(1万2358台)
コロナ危機から回復傾向の中国市場でも、調達力の弱いメーカーなどは半導体不足が新たな懸念材料となっているようだ 8%増の15万7457台にとどまったが、半導体の供給不足に伴う生産調整の影響で、伸びが鈍化したもよう
7月実績は、広汽本田が2万4378台にとどまり、前年同月比は20. 8%増の23万6592台と、4か月連続で前年超えを達成(日本自動車販売協会連合会まとめ:速報値) 景気回復を受けて需要が伸びている小型商用車は50%増だった
11

8%増の38万4442台と、4か月連続で前年実績を上回った。

8%で、不適切が6割弱を占めたことになる。

新型ノートの受注が伸びている日産は同3. シビック・タイプRやオデッセイのマイナーチェンジモデルを発売したホンダは、ほぼ横ばいとなる6台減の1万9678台を記録する。

7%の大幅増。

日産は23・8%増の14万6245台で5カ月連続のプラス。

ホンダの中国合弁には、広州汽車との広汽本田、東風汽車との東風本田の2社がある。