メジャーリーグ 女性 gm。 【MLB2021】MLB史上初の女性GMとなったマーリンズのKim Ng(アング・キム)さんとは?

60

石井のメジャー移籍交渉を担当したアング 実は18年前、「メジャーリーガー・カズ石井」誕生のキー・パーソンがアング女史だった。

アングさんはインディアナポリス出身でアメリカ国籍。

「私にできることは、彼女もできる。

イング氏を採用したマーリンズの最高経営責任者(CEO)のデレック・ジーター氏もこの歴史的な決断を下したことで称賛されるべきだ。

ドジャースではクラブの副社長とアシスタントGMのポジションで採用されました。

アング氏は球団を通して「インターンとしてメジャーリーグに入りました。

つまりチームの現場の全責任を担う重要な職務なのだ。

ご本人の発音では小さい「グ」も聞こえますので、小さくとも「グ」を入れたいということで、当ブログでは当分の間は「アング」と記載させていただこうかと思います。

4連覇を狙った2001年のワールドシリーズ第7戦でアリゾナ・ダイヤモンドバックスに敗れると、アングはヤンキースとの契約を更新しないで新たにチャレンジするものを探し始めた。

メジャーリーグ(MLB)144年にわたる歴史のなかで、このほど初めての女性ジェネラル・マネージャー(GM)が誕生した。

女優・モデル キム・カーダシアン(Kim Kardashian): Kimberly Noel Kardashian West• 従来、ジェネラル・マネージャーというのはオーナー側に近く、彼らに代わって球団のすべてのことを決めることが多かった。

我々の球団運営チームにおける彼女のリーダーシップは我々の将来における成功への道に大きな役割を担うでしょう。

その後、ドジャースやマリナーズなど複数球団のGM候補として面接を経験。

4年総額1230万ドルの契約だったが、その内訳は契約金(サイニング・ボーナス)が150万ドル、基本年俸は1年目が50万ドル、2年目は220万ドル、3年目が260万ドルで、4年目の2005年は320万ドル。

11月13日の朝(日本時間14日未明)、マイアミ・マーリンズは新たなジェネラル・マネージャー(GM)職にキム・イング女史が就任することを発表した。

関連記事: もしも、あのときに三角トレードが決まっていれば、石井はヤンキースのピンストライプのユニフォームを着てプレーしており、ジョンソンとの左腕タッグでヤンキースをワールドシリーズに導いていたかもしれない。

2人は日米の球界で来季は注目を集めながら戦っていく。

君は準備ができている。

ジーター&アング マイアミはひょっとしたら、オーナーのジーターとGMのアングさんのコンビでこれから面白いことになるかもしれませんね。

73