ウルブズ 対 ラプターズ。 ウルブズ 対 ラプターズ

おそらく、ドラフト全体1位であり、実力としてもその評価に見合う活躍をしていたこと、さらには莫大な「チャイナマネー」も背景にあっただろう 新エースとなったシアカムはオールスター初選出をスターター枠で勝ち取り、をはじめとした新戦力も台頭し、昨季に続きイースタン2位でレギュラーシーズンを終えた
こうした事態を受けてか、ESPNは2月22日、アジア人差別に反対する声明を出した ただ、世界でも最高峰のアスリートが集うNBAでプレーする以上、こういったシーンは避けられない
(なお、厳密に言えばエドワーズは左手で渡邊を押さえつけているので、オフェンスファウルをコールされてもおかしくはない チームメイトでありライバルでもあるかもしれないが、両者ともコートに立った時にそれぞれの持ち味を出しているので、どちらも悪いようにはならないだろう
レイカーズは、レブロン・ジェームズが22得点、10リバウンド、9アシスト、カイル・クーズマがベンチから19得点、8リバウンド、デイビスが負傷交代する前に15得点を記録した 以下のツイートからも見てわかります
渡邊としては不本意な形でその名が知られることとなってしまった 2021年1月23日 土 09:30 ラプターズ対ヒート• 707 1回戦勝利 カンファレンス準決勝勝利 カンファレンス決勝勝利 優勝 ラプターズ 4, マジック 1 ラプターズ 4, シクサーズ 3 ラプターズ 4, バックス 2 ラプターズ 4, ウォリアーズ 2 53 19. 🐼 Bradley Beal Highlights 🎥 35 points, 7 rebounds, 5 assists, 2 steals 10-18 FG, 4-9 3PT, 11-11 FT — Washington Wizards WashWizards ティンバーウルブズ 116-112 ラプターズ 9時開始| | アマリー・アリーナで行なわれたミネソタ・ティンバーウルブズ対トロント・ラプターズの一戦は、カール・アンソニー・タウンズが第4クォーター終盤に7点を続けて決めてリードを広げたウルブズが116-112で勝利した
国際色が濃い実力者で編成され、 2016年から5シーズンに渡って世界各地を駆け巡った 連勝が止まっただけでなく、レイカーズはアンソニー・デイビスが第2クォーターに右アキレス腱の負傷を悪化させるアクシデントにも見舞われた
NBAでこそ体験できるこのプレーは、渡邊をもう一段ビッグにするステップになるにちがいない 周囲の雑音に惑わされず、「改善しなければいけない部分は多い」と常に高みを目指し続けるマインドを見れば、渡邊のピークがまだまだ先にあるはずということが分かるはずだ

ユウタにダンクされるようなことしちゃった報いだ。

・隣り合わせ(連番)でのご着席はできません。

2021年1月17日 日 09:30 ラプターズ対ホーネッツ• 守備力に優れたチーム同士の戦いであったが、ラプターズはガソルを中心にディフェンスを固め優位に立つ。

・車椅子エリアは車椅子でご来場のお客様以外はご利用になれません。

2020年NBAドラフト全体1位の大型新人、アンソニー・エドワーズは左サイドからドリブルでゴールに直進すると、ブロックに跳んだ渡邊雄太のはるか上から豪快なスラムダンクを炸裂。

ルーキーのエドワーズのダンクで2ケタ点差にされるが、パウエルのリバースレイアップで点差を詰め、83-91で勝負の最終クォーターへ。

スポーツの動画配信で王道な「DAZN」も• なにしろ、先日アジア人差別への反対を表明したESPNの記事において、明確な人種差別を受けたこともあるのだから。

85