確認させていただきたく。 「ご確認ください」の意味とは

編集部が選ぶ関連記事• 例文「 ご確認いただきたく存じます。

しかし、「ご確認の上」と書いて「ごかくにんのじょう」と読まれることは社会通念上心配する必要のないものです。

「確認したいようだ」を尊敬語にすると「確認なさいたいご様子だ」になります。

こんなときには「ご対応いたしかねます」「お受けいたしかねます」「遠慮させていただきます」などの敬語をつかいますね。

さて、先日ご提案いただきました貴社サービスにつきまして、 ひとつ確認させていただきたいことがございます。

店員さんにあれやこれやと 相談させていただいたのですが 親切で丁寧な店員さんでした。

【例文】(ご)確認いたしかねます• 部下の仕事を「確認したい」との場面で あれば「確認させていただきたい」を 使っても問題はありません。

すると「ご確認いただきたく存じます」の意味は… 「確認してもらいたいと思います」 であり、とてもやわらか~いお願いの敬語フレーズになります。

72

「書類を確認したいのですが、よろしいですか」「こちらで確認したいのですが、可能でしょうか」「一度確認したいです」などの使い方をします。

なので、 同じ「確認したい」の敬語表現でも 「確認したいです」 「確認したいと存じます」とは ニュアンスが変わるので注意が必要です。

お目通しいただけますか」 「先日行われたイベントの報告書になります。

「確認させていただきたい」は 「確認させてもらいたい」の 自分をへりくだった表現です。

そうした不安をやわらげ、スムーズな取引が進行中であることを証明する入金確認メールは、価値のある一通といえます。

尊敬語のため、普段敬語で話す上司や取引先の担当者などに対して使います。

「ご確認ください」はビジネスメールなどでよく使われる表現です 「確認」の意味 まず「確認」の意味を改めてみてみましょう。

」 「お見積もりを出させていただきますのでその上でご判断されるのがよろしいのではないでしょうか。

「確認したい」は、「したい」という自分の感情を伝えるニュアンスがあります。

53