左手 一 本 の シュート。 中川大志、起用理由は“5分間見続けられる顔”!?BS

正幸は丸谷にまた以前のようにできるか聞くと、「まずは真っ直ぐ歩くことからだ」と言う• 「去年の12月から練習を初めて、バスケシーンは相当力を入れているので、かっこいいシーンにしたいな」と気合いを入れた。
2007年11月、 正幸は退院して田富中学校へ歩いてやってくる 何かが引っかかるわけです
学校のすぐ近くに柏塾があったからリハビリもやらせてもらえる• 一回でいいから一緒にプレイしてみたいと憧れられるようなすごいスター選手で、そのプレイを僕が再現しないといけない」と緊張の面持ち 訓練士の柏木正好は正幸にジャンプの練習をさせてみる
正幸はそれを受け止めるとシュートした その後、正幸は神奈川リハビリ病院に転院した
そしてみんなに支えてもらって生きていると感じていた• その成果を見た柏木は「やりようによっちゃ、いいとこまでいくかもしれない」と考える• 原作:島沢 優子『左手一本のシュート~夢あればこそ!脳出血、右半身麻痺からの復活』(小学館文庫)• 正幸が試合に出られることになってからは、 どうしたら正幸がシュート決められるか一生懸命考えていて、うるっとしてしまいました 美談を作りたがるのはそれを求める気持ちが強い社会風潮があるからでしょう
バスケ……やる 元々県で1、2を争うようなバスケ選手だった少年が、ある日突然倒れて右手と右足がうまく使えなくなってしまいます
その後、正幸は倒れて病院へ搬送された• 桑原健太…前田旺志郎 日川高校バスケットボール部(正幸より1歳下)• そして、インターハイ出場の為にも決して負けられない高校3年最後の試合 BS-TBSの開局20周年記念だから仕方がないのかもしれませんが、これは地上波でも放送して欲しいと思う良いドラマでした
94 38
同級生の梨沙に「どうしてバスケ部にいるの?」と聞かれた正幸は、何も答えられなかった• 感心した古田は、正幸にチームの分析と指導を頼んだ。 手術は成功し一命は取り留めるが、意識が戻らない• 正幸は1年遅れて 高校の入学式を迎えた。 見事正幸はコートに戻り、シュートを決めた ドラマ【左手一本のシュート】の感想 実話を元にした話です。 本人のこだわり等諸々の事情はあるのでしょう。 「いつか、やがて、きっと」森川の好きな言葉だと正幸に告げる• 『 みんなは夢を持っていますか?夢はどんな存在だと思いますか?』 ~現在、正幸さんは28歳。 逆瀬川浩志…石内呂衣 日川高校バスケットボール部(正幸と同い年)• みんなは気合を入れ、試合を開始。 チームを支える正幸 そんなある日、強豪甲府西高との練習試合があり、 正幸と同じ中学でライバルだった 清水湧 ともやん がスタメンで出場していた。 理学療法士の丸谷もかつてバスケをやっていたため、正幸とはすぐに打ち解ける• すげぇジジイやババァが元気な社会であったとしても、その先は若年者が社会を支えるんです。 2008年4月、正幸は一年遅れで日川高校に入学する• さらには家族やバスケット部の仲間、病院や理学療法士たちといった田中さんを取り巻く人々との絆をテーマにした感動のドラマで、ドラマ化に当たり田中さんは「自分がシュートを決めた2010年から約10年経った今でもこうやってドラマ化される事が決定し、すごく光栄に思います。 緊急手術によって一命はとりとめたものの、昏睡状態は数日間続いた。