青楼 オペラ 11 巻。 「青楼オペラ」11巻ネタバレ感想 脇腹の痣は誠二郎?・12巻発売日も!

どうにかして、『青楼オペラ 11巻』を無料で読みたかったんです。 面白かったです。 ……実際に、私はそうでした。 真っ直ぐで一途で生涯をかけても朱音を愛し抜こうとする惣右助が大好きです。 菊之丞演じる朱姫は武家の出たが、不幸が重なって苦界に落ちるーー…そこで親を殺した憎っくき敵を見つけ出して、見事仇討ちを果たすというストーリ。 ところが隣に座ってきたのが、菊乃丞に知らせをもらった惣右助でした。 そんなガードが固い世の中で、 私は、 『青楼オペラ 11巻』を「漫画村」や「zip」「rar」以外で、3分後から完全無料で全ページ読めるサイトを最近ついにやっと見つけることができたのです…. まだ読まれてない方は是非。
19

夜外を歩いていると朱音はどうしても惣右介を探していました。

別に犯人がいる! その後、惣右助は利一郎と事件の晩のことを話していた時に妙なことに気づきました。

とはいえ、茜をの身請け料はいくら親元なら半額とは言っても200両もの大金なので、とても全額出してもらえるとは思えず、真木村に頼んで新美の殿に助けてほしいと頼むのでした。

茅島家との間で何か問題が起こっていたのだろうか・・・? それなら誠二郎が何か知っているはずなのに、なにも言わないのも気になるが・・・。

それから数日、茜の胸のうちでは行火というよりも、まるで消えないままの熱い埋火のようで、ふとした風にさえも燃え上りそうな想いに苛まれていました。

曙楼の新造茜も、永倉家長女朱音ももうどこにもいないのだーーー…。

すごく落ち込みました。

…………この矛盾を解決することができる完璧な策。

87