アステカ の 祭壇。 100万人の生贄の心臓を捧げていた文明【アステカ文明】

オルメカ文明とは アメリカ大陸では紀元前1200年ごろまでに オルメカ文明が メキシコ湾岸で成立しました。 雨を利用した急襲でナルバエスを捕らえて勝利すると、投降者を編入した。 彼が戻ってきた「一の葦」というのは、西暦にすると1519年のこと。 アステカは大規模な土木工事を盛んに行った国家であり、神殿の建設や水利工事などで高い技術力を持っていた。 こうした都市伝説系のネタは過度に恐れる事なく、エンタメとして楽しんでおくのが良いでしょう。 ウィツィロポチトリ神がアステカの人びとに「サボテンに鷲が止まった場所」を都に定めよと予言が下り、1325年にこの地を都とした。 巨大神殿テンプロ・マヨールと共にツォンパントリも征服者のスペイン人たちによって打ち壊されてしまったが、その痕跡はメキシコシティの地下に眠っていたのである。
83
アステカ文明の生贄の儀式とは? 1428年から1521年までメキシコで栄えたアステカ文明では、ウィツィロポチトリという神に対して様々なお供え物を捧げていました。 興味のある方は一部分を引用しておきましたので、そこにあるリンクから元記事に飛んで読んでみてください。 植民地時代の人口減少 [ ] 詳細は「」を参照 その後スペインはアステカ帝国住民から金銀財宝を略奪し徹底的に首都・テノチティトランを破壊しつくして、遺構の上に植民地の首都()を建設した。 、イツコアトルの後を継いでがする。 テノチティトランの中心部では毎日市場が開かれたという。 帝国が栄えた時代や場所などをわかりやすく解説 1428年頃から1521年までの約100年間、現在のメキシコ中央部にあたるテスココ湖を中心に栄えた国家、アステカ。 頭蓋骨の祭壇は「ツォンパントリ(Tzompantli)」と呼ばれ、アステカ以前の文明でも作られていたという。 また、立原さんの自宅の2階に霊が出る様になったそうで、そのために一階にベッドを持ってきたそうです。 当然捕虜は負け、4人の戦士に両手両足を押さえ付けられると、神官に心臓をえぐり出されました。
三股淵という川と川が合流する場所があるのですが、この川には大蛇が住み着いているという言い伝えがあり、その大蛇の怒りを鎮めるために少女が生贄になりました。 神事によっては貴人や若者さらには幼い小児が生贄にされることもあった。 このころ、アスカポツァルコ最大のライバルはテスココ湖東岸の人の都市となっていた。 2014年8月12日時点のよりアーカイブ。 それに加えて、インターネットが普及した現在では、やらせ疑惑やそれによる炎上が簡単に起こりうる状況にあることも、局側が心霊特集を避ける理由の一つになっていると言えそうです。 。 しかし、その繁栄の裏には絶え間ない戦争と血なまぐさい 生贄の儀式がありました。 この出来事をスペイン人は「(La Noche Triste)」と呼ぶ。