参加 させ て いただき たい。 「していただく」の意味と使い方・敬語・漢字と言い換え方法

また、この「お聞かせいただきたく存じます」という表現には強制的に相手に話をさせるというニュアンスを含む場合もあります。 「いただく」の英語表現 「いただく」にぴったりな英単語はないといえます。 そのため状況を考えずに多用すると相手に堅い印象を与えたり、相手との間に距離ができたりするおそれがあります。 「頂戴する」の「頂」と考えると、覚えやすいでしょう。 「是非参加させていただきたく存じます」「是非とも参加させていただきたく存じます」といった言い回しで返答をすると、参加への強い意気込みを示すことができますので、そういった意図がある際には有効な表現です。 ほどよい敬語表現を心がけることで上手にコミュニケーションが取れますので「参加させていただきたく存じます」とともに、この表現よりもライトな敬語表現を使い分けるようにしていきましょう。 ご参加賜れましたら幸いです• しばらく考えるお時間をいただけませんか?• は、参加できるという返事になり、参加できる事に感謝している事も表しています。

これは相手を敬うために使われる敬語ではなく、美しさや丁寧さを表すために使われている敬語です。

かなり丁寧な表現なので、上司など比較的身近な目上の人に使うと、かえって嫌味に聞こえてしまうこともあるでしょう。

この表現も「お教えいただきたく存じます」と同様に、かなり目上の人に対してや、最大限に気を遣う場面においてのみ使われる表現になります。

文末に「です・ます」を付けて締めくくるのが一般的です。

「参加してほしい」と何が違うのかを細かく取り上げますと、参加してほしいという言葉は「参加してほしい」事に対して希望しているのに対して「参加をご検討」の場合は「参加できるかを考えてほしい」という事に希望を抱いているニュアンスになります。

理由は長くなるので省きますが、あくまでも「ご参加いただきたく存じます」をつかうことをオススメします。

せっかくのお話しですが、私どもで期待に応えられそうにありません。

75