天国 と 地獄 最終 回。 『天国と地獄』最終話 衝撃ラストに「またか!」「最高のオチ」<ネタバレあり> (2021年3月21日)

このままでは陽斗が3人を殺した連続殺人犯で死刑になってしまう 特に彩子の言葉に対し流す一筋の涙には「涙の流し方プロ過ぎるやろ」「すごい、すごいシーンだ、、、」などの反応が続々
東(迫田孝也)と行動を共にしていた陸(柄本佑)も事情を聞かれるが、彩子のことを心配しながらも複雑な心境でいた それに加えて彩子が冤罪の愚かさを説き、日高は供述を変えました
自分で罪を被ろうとし、彩子を庇おうとするのを彼女は食い止めるため奔走します 自分の知らないところで違う計画が進んでいたことに怒った彩子は、日高を追いかける体でまた真実を暴くと張り切るけど、そこもまた河原を欺く芝居で、最終的に十和田を見つけ出して真犯人として逮捕し、みんなの濡れ衣を晴らすというどんでん返しに持っていくと予想しています
彩子達は東の殺人の痕跡を必死で探し、日高は裁判を経て、証拠隠滅と死体損壊の罪で3年の実刑判決を受けました ナッツの話しを彩子にしたのを最後に、彩子の前から姿を消した陸はどうしてるのかを知ることが出来なかったのが一つだけ心残りでした
また、八巻が上司に彩子の事を打ち明けていましたが、八巻が裏切るようなことは考えられないので彩子が奄美に逃亡する前に八巻に何か自分の身になにかあった時に言葉を託していたのではと想像します
「9話で八巻が怪しそうで終わったから八巻も犯人ではない」「八巻が犯人はやめてーw」「八巻は平和なあの可愛いキャラで最終回も居て欲しいな」「序盤で八巻が犯人と言ってた自分を殴りたい」と犯人説を否定する声や「八巻くんが犯人でポンコツを演じてる可能性はある」「東も犯人じゃなく、……他に……となると陸か八巻」「東朔也が最初の八王子の犯人でないとすると、その殺人の犯人は分かっていないしその時八巻は八王子にいたんだよね…」など、犯人説を唱える声も上がっていた 日高と対峙した彩子は「私は10歳の時、警察官になろうと決心しました
彩子は東の犯行の証拠を掴むために必死になって捜査し陸のおかげで犯行を語った動画を手に入れました そしてそれを聞いて俄然、陽斗を守ろうと必死になる彩子の姿とその二人のある種の愛に心震えました
だがラストに上司である警視庁の五十嵐(野間口徹)らに深刻な表情で「実は、望月さんは…」と言ったところでドラマは終わってしまう 「ぼくも終わりです」「さようなら望月さん」とトホホな表情を浮かべる
とにかく陸の正体が一気にクローズアップされそうです そこに河原が現れ有無を言わせず彩子は手錠をかけられるのでした
75
せめて誰に復讐するかを歩道橋に数字を書くことで教える約束をして、東(日高)が捕まらないように、清掃が得意な日高(東)が証拠の隠ぺいをしている その主張がすんなりと認められて彩子は解放されます
のレビューで、日高と望月、ふたりの世界に没入することに疑問を投げかけたが、ドラマはきちんと東の存在に立ち戻る 河原が彩子に任せて部屋を出る姿はとても格好良かったです
それを日高が証拠隠滅に走っていたという形で 最後は人間愛を描くかのようなものでありました 日高の取り調べを終え、供述調書にサインを求める河原
彩子のバディ、八巻英雄に溝端淳平 その後がとても気になります
かつて母校・東京大学の学生新聞の取材に対し、次のように答えている 頑なな日高に東の思いを語った河原の言葉がとてもずしっと心に感じました
十和田元として田口浩正さんの写真が出ていてずっと気になっていましたがこれは視聴者の気持ちを揺さぶるフェイクだと思います 実は彩子が河原に捕まったと聞いて観念した八巻が、今までの流れを全て事前に打ち明けており、その八巻の証言と彩子の話が合致していたことで、彩子の疑いが晴れたのでした
55