年金 支給 額。 日本の年金制度は40年後どうなる?国民年金支給額はいくらもらえる?

厚生年金(国民年金分含む)の平均受給月額は、約 14万 5,000円です また年金制度は「3階建て」といわれています
大まかな概算を知りたいときには、今までの年収の平均を12で割ったもので考えてみてください 基本月額=年金の1か月分の額• 特に昨年、世間をにぎわせた「老後資金2,000万円問題」の際には、将来への不安は一層強くなりました
厚生年金の加入期間が20年以上(一定の場合15年以上)ある• 「繰り上げ受給による年金の減額は一生続き、後で変更できない」など、デメリットもいわれているので、繰り上げ・繰り下げ支給は慎重に考えたほうがよさそうです この標準報酬月額が、働きながら毎月支払っている社会保険料の算定基準になっており、年金額の計算にも使われます
年金受給世代からも保険料を徴収する背景には、少子高齢化があります 国民年金は20歳から60歳未満のすべての国民が加入している年金です
そのほか、年金とはまた違う形ではありますが、資産づくりのための非課税制度である「つみたてNISA」も活用できます 厚生年金に加入している期間は自動的に国民年金にも加入していることになります
もちろん、現役時代に支払った保険料も厚生年金のほうは高額になってはいるのですが、この差は大きく感じられます まず、以下の情報からわかるBさん(厚生年金の適用事業所で勤務)について見ていきましょう
これらは公的年金(国民年金・厚生年金)と違って保険料や給付プランなどが選べるので、自分の経済状況や将来設計に合わせて年金額を増やせるのがメリットです つまり保険料の納付月数に応じて受給額が決まる仕組みです
多くの人にとって、これらの支給額だけでは老後の生活はまかなえそうにないという結果です 現役時代にできるだけ積み立てを 厚生年金は、加入期間の長さと、期間中の収入によって、年金の支給額が決まります
33
3.支給停止額の計算をします 本稿に掲載の情報は執筆時点のものです
徴収額の計算は会社員とは異なりとても複雑なため、各市区町村が公表している計算プログラムを参照するのがよいでしょう 大きく企業年金は加入した期間などに基づき、あらかじめ給付額が定められている「企業年金」と、個人型確定拠出年金(iDeCo)や国民年金基金など、個人が任意で加入する「個人年金」にわけられます
28万円を超える場合は、年金が全額もらえないため、4パターンの計算式のいずれかに金額を当てはめて、支給停止額の計算をします 所定の年齢に達することにより支給される「老齢年金」には、日本の公的年金においては、国民年金法における「老齢基礎年金」と厚生年金保険法における「老齢厚生年金」があります
1.と2.でそれぞれ基本月額と総報酬月額相当額を計算しましたが、それらを合計すると30万円(10万円+20万円)になり、46万円以下となります 給料……20万円(標準報酬月額20万円)• また厚生年金保険に加入した期間が1か月以上ある場合には、この 老齢基礎年金に上乗せして、厚生年金保険から支給される「老齢厚生年金」を受給できます
厚生年金はもともと 60歳から支払われていましたが、法律の改正により受給開始の年齢が段階的に引き上げられており、同時に支給額が引き下げられているからです また希望すれば60歳から65歳になるまでの間でも繰り上げて受け取ったり、65歳で請求せずに66歳以降70歳までの間で申し出た時から繰り下げて請求することもできます
平均受給額は月約6万5,000円 国民年金の受給額は、令和2年度の時点で月額6万5,141円となっています 現在でも、年金だけでは老後の生活資金がまかなえない状況ですが、これからはもっと厳しいことになるでしょう
所定の年齢に達することにより支給される「老齢年金」には、日本の公的年金においては、国民年金法における「老齢基礎年金」と厚生年金保険法における「老齢厚生年金」があります
自分の将来の年金額を知る方法 さて、ここまでは統計上の平均額を見てきました Aさんは年金が全額停止となり、在職しながら年金をもらえないことになります
年金額が198万円ですので、そこから1か月分の年金額(基本月額)を計算します 所得があっても減額されない条件は何か• 国民年金は日本に住んでいる20歳以上60歳未満の人がすべて加入するもの、厚生年金は会社員や公務員が加入するもので、国民年金に上乗せとなります
33