森 会長 問題 発言。 五輪組織委会長を巡る問題の経過 始まりは森会長の女性蔑視発言― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

63
福島瑞穂議員ら全員が、喪服のような黒い服を着てパフォーマンスをしたのです 今回の森氏の発言はそうした文化を象徴している」と指摘する
会見の終盤で森会長は自らへの厳しい質問責めで責任を追及する報道陣と丁々発止のムードとなり「面白おかしくしたいから聞いているんだろ?」「だから(発言を)撤回すると言っているんですよ」と完全にイラつきを隠せなくなっていた 後任に相応しい人事が居ないから、又は、なり手が居ない
ただし、全文と言っても、報道により、各社微妙に異なっているので、代表的な2社の報道を掲載します 海外でも、森会長の発言が報道されているということで、日本の恥だとも言われています
ならば、隣の国のチベットやウイグル、内モンゴル、香港における人権弾圧に関して、声を上げたでしょうか こうした批判がある中、4日の午後、森会長が発言を撤回し、謝罪した会見についても「そもそも何が悪いのか、問題なのかわかってない」、「辞任すべきだ」などとする声が相次いでいました
この姿はあまりにも浮世離れし過ぎていて、恐ろしく衝撃的だった 非常にショックを覚え、残念な気持ちになっている
これを多いとみるか、少ないと見るか?ですが、報道の内容をそのまま受け取るということは僕にはできません 女性っていうのは優れているところですが競争意識が強い
(50代・男性)• オリンピックでボランティアを予定していた人たちも、辞退するなどという報道もありました この発言のどこが蔑視だというのでしょうか? ちゃんと、優れていると認めた上での発言なので、見下げてもいませんし、ましてやバカになんかもしてません
これまでの経験から、大騒ぎする問題は、マスコミのミスリードによって引き起こされたことが余りにも多かったからです ラグビー協会は倍の時間がかかる