香典 を 送る。 香典を郵送する方法|手紙・宛名・金額・封筒・お礼・送る期限

お悔やみの手紙は、はがきでなく、必ず封書で出状します そのため、手紙にはご遺族を気遣う言葉を多く綴りましょう
「初七日が終わるまでに」と言われていますが、最近の葬儀は、葬儀と初七日を同時に行うことも多いんですよね 故人や遺族に対して失礼のないよう香典を郵送する場合には、正しいマナーや方法で行いましょう
封をする 封筒への記入が終わったら香典袋(不祝儀袋)と手紙が入った封筒を入れます 弔事が重なるのを避けるため、封筒は二重のものを避け、一重のものを使います
時候の挨拶などの前文はいらない 手紙を書く際は、「頭語」と呼ばれる拝啓のような言葉やや「時候の挨拶」などを書きますが、香典に添える手紙となるお悔やみの手紙の場合はそのような前書きは必要ないため、すぐに本題から入りましょう 訃報を後で知った場合の弔問は? 告別式が終わったあとでは、なかなか喪家へはいけないものです
知人や友人の身内で不幸があった場合:約5,000円~10,000円• こういった事を避けるために、 お香典は ご自宅に送りましょう 古くからお札の枚数はすべて同じ種類のお札で1・3・10枚、金額は1・3・5・10の数字にするという習慣があるのです
現金書留の封筒は郵便局で購入できます 無理に行動を起こす必要はない 辞退されるからには、ご遺族側で何らかの理由や考えがあります
さらに遺族の悲しみに寄り添い、ねぎらう言葉が必要です 表書き:御霊前• 同時に、故人の家族への支援という、相互扶助の意味も含んでいます
82

【喪主編】葬儀後に香典を頂いた場合の対応方法 喪主が葬儀の後に香典を受け取った場合は、基本的に香典返しの必要があります。

重ね重ねという意味にならないよう、便箋は一枚だけを使用します。

身体的な不自由や不調子のため参列できない• 遺族の方たちは、香典を受け取ると香典返しの準備をしなくてはいけません。

一般的な便箋であれば三つ折りで、一筆箋の場合はそのまま封筒に入ります。

「悲しみの涙で墨が薄れる、突然のことで墨をする時間がない」という意味合いが込められています。

便箋を封筒に入れたい場合は、二重になった封筒ではなく、一重のシンプルな封筒を使用しましょう。

そのとき大事なのは、複数社に見積もり依頼して内容を 「比較検討」することです。

45