は ま 寿司。 寿司用語辞典

発祥は大阪あるいは京都とされ、明治時代からあるが、手間の掛かる割に利益が少ないためか、メニューから外された地域が多い。

また、寿司ロボットのシャリとは異なり、職人が握ったシャリは内部でご飯粒同士が圧縮されていないという違いがある。

寿司を作ることや出すことを「つける」と呼ばれていたという説と、 昔の寿司が魚の漬け込みだったことからこう呼ばれる説もあります。

(大正12年)のにより壊滅状態に陥った東京から寿司職人が離散し、江戸前寿しが日本全国に広まったとも言われる。

」との表現が取り上げられた。

反対にあとから使う食材を「おとうと」といいます。

『明治大正昭和食生活世相史』柴田書店1977年、148頁に関西に握りずしをはやらせた原因として記されている。

添えてあるキュウリなどを少しつまんで醤油をつけ、ネタに垂らしてあげれば美しくスマートにいただけるでしょう。

61
『とナレズシの研究 ・アジアの食事文化』 では、東北やあたりの平野部を挙げ、地帯でと共に成立した魚介類の保存方法が後に伝わったとしている。 『』、1973年、254頁。 巻き寿司 関西ではかつて細巻が不在であったため、単に巻き寿司といえば一般的に「太巻」を指す。 巻き寿司は海苔とシャリの境目に醤油をつけて食べる いくらやウニ、ネギトロなど、握りではネタがこぼれてしまいそうな具材は海苔で巻いて軍艦や海苔巻にして出されることが多いですが、軍艦のネタそのものにしょうゆを付けようとすればネタが落ちてしまうことは目に見えていますよね。 仏舎利(お釈迦様の遺骨)からきています。 それ以前は「個」と数えていたが、徐々に「カン」と記述することが増えてゆく。 この頃にはもすでに定着しており、江戸も末期、維新の足音も聞こえてこようかという時代になって、ようやく現代でもポピュラーな寿司が、一気に出揃ったわけである。
84