酸素 系 漂白 剤。 酸素系漂白剤をカビ取りに使用する際の注意点

これから、酸素系漂白剤(液体タイプ)の商品を2つ紹介します! ワイドハイターEX(花王) ワイシャツの黄ばみ・黒ずみ・シミの汚れを落とし、 白さに差がつく「漂白パワージェル」が特徴の酸素系漂白剤。 安全性も考慮して、 40~60度の温度がよい でしょう。 色落ちしない• キレート剤、再付着防止剤、界面活性剤 ポリオキシアルキレンラウリルエーテル 、炭酸ナトリウム• 汚れが落ちない場合は、 1時間ごとに様子を見ながら靴をオキシ溶液に付けておきましょう! 3. ペーハー数値が大きければアルカリが強く、逆に小さければ酸性が強いということがわかります。 一方で塩素系漂白剤は、使い方によってはデメリットになることもある。 風呂釜• 重曹と酸素系漂白剤の液体タイプを混ぜると、ネバネバしたものができあがります。 酸素系漂白剤とは 粉末タイプの酸素系漂白剤は、過炭酸ナトリウムという成分からできています。 漂白剤には酸素系漂白剤と塩素系漂白剤がありますが、この2つにはどのような違いがあるのでしょうか? 酸素系漂白剤 酸素系漂白剤には、液体と粉末の2種類があります。
81

ただし、使用できないものもあるため、使用するまえには必ず確認してすることを忘れないようにしてください。

「過炭酸ナトリウム」は炭酸ソーダと過酸化水素が2:3の割合で混在してできた白色の粉末で、金属や水と反応する性質を持っています。

水洗いが可能な毛や絹製の衣類に漂白剤を使うときは、液体タイプの酸素系漂白剤を使用しましょう。

また、理科の実験で、二酸化マンガンと反応して酸素を発生させる実験にも使われたりします。

他の洗濯槽クリーナーにはメインとなる「過炭酸ナトリウム」以外に、「表面活性剤」や「安定剤」などいろんな薬品が入っています。

ずっと開けておくのはちょっと、、、という場合には、洗濯が終わってから数時間でも開けておきましょう! 小さな心がけで、洗濯機はキレイに保つことができます。

23
子どもやペットに注意 間違って飲んだり触ったりしないよう、手の届かない場所に保管すること。 『毎日の洗濯で、洗剤に追加して漂白剤を入れていますか? 普通はシミができている部分にかけるくらい?』 毎日、漂白剤を使っています。 塩素系漂白剤の成分は、アルカリ性の次亜塩素酸ナトリウムです。 気になったときにすぐ漂白剤を入れて洗濯すれば、においやシミが落ちやすいかもしれませんね。 他のカビ取り剤を混ぜない• (金属製のフックには、漂白剤は使用できません。 酸素系漂白剤であれば使用できますが、毎回の使用は避けてください。
73