ファン ザナ ファイナ ム。 ファイナルファンタジーシリーズ

成長システム [ ] 基本的にレベルを上げることで成長するが、「ジョブ」・「スフィア」といった要素のポイントを貯め、アビリティを習得していくことが中心になっている作品もある。

FFシリーズにおいてはの意味で使用されている。

その中で、携帯ゲーム機市場においてスクウェアは大きな苦戦を強いられることとなる。

なお、「商用・営利目的」とは、利益の有無を問わず、現実社会において何らかの価値のある対価、報酬、謝礼を受けること及び、宣伝や広告に利用することをいいます。

また、一部の魔石はキャラクターのステータス成長にも関与する。

移植が遅く、2006年にでリメイクされた。

基本的にはスフィア盤に似ているが、こちらは近接するコマに進むまではどこに何のアビリティがあるのかが見えないため、手探りで進んでいかなければならない。

84
ファイナルファンタジーの音楽における生みの親 『FFI』-『FFX』まではメインコンポーザー
後列は前列に比べて敵からの物理攻撃ダメージが減少するが、近距離武器での敵に対する物理攻撃ダメージも同様に減少する(例外として、『FFII』では弓以外では敵に対しての物理攻撃が不可能になる) 『FFI』の原作には登場していなかったが、GBA版『FFI・IIアドバンス』やPSP版『FFI』では、村人の話の中で天空人「ルフェイン人」の先祖だとされている
WSC版、PS版、PSP版『ファイナルファンタジー』• ターン制 第1作『FFI』-『FFIII』で採用 2012年2月18日時点の [ ]よりアーカイブ
2011年2月19日閲覧 基本的にレベル制では、戦闘で得られる経験値から、戦闘終了時点での戦闘可能状態の人数で経験値を分配するシステムとなっている
利用できる形態• 映像作品側では国王レギスの視点、ゲーム側では国王レギスの息子である王子「ノクティス」視点の話であり、父と子の絆が描かれている 」と語り、「死」をテーマに扱う物語が紡がれたとしている
また、多数の、PCそして携帯アプリ向けにも発売されている スフィア盤システム 『FFX』に登場する「スフィア」を使用した成長システム
WSC版、PS版、PSP版『ファイナルファンタジーII』• そのような世界で、クリスタルの所有や利用が物語中の中心的な衝突を引き起こす テント 味方全員のHP・MP・ステータス異常を回復できるアイテム
23
ほぼ同一ののアルファベットで書かれたタイトルの背後にイラストが配置される 「クリスタル」に相当する位置に『FFVI』の「魔石」や『FFVII』の「マテリア」などが成り立つ場合もあるが、その役割に大きな変更はない
販売 [ ] 第1作『ファイナルファンタジー』から第6作『』までは、一貫しての家庭用ゲーム機(、)向けにソフトが開発・販売されていた 初公開された時点では『FFXII』のような巨大なイラストだったが、発売直前に縮小された
召喚獣の名前 - の「ラグナロック」の項を参照 2011年8月6日閲覧
FFシリーズのそれぞれの作品は、新しい設定やキャラクターを用い、バトルシステムも毎回違ったものになっている 2013年3月16日閲覧
詳しくは『』を参照 6 YouTube、Twitch等の動画投稿サイトが正式に提供するパートナー機能等を使用する場合は「商用・営利目的」とは見なしません
アイテム関係 [ ] ギル FFシリーズ共通のならびに 7 ゲームプレイの配信を行うことで法人から給与その他の報酬を得ている立場の方が、本条件に従ってネット上の利用であるファイナルファンタジーXIVのプレイ動画を配信することは、「商用・営利目的」とは見なしません
しかし、携帯ゲーム機市場における任天堂のシリーズの圧倒的優位は揺るぐことがなく、ワンダースワン自体が短命ハードとして市場から姿を消していった 記憶喪失の『黒き風』と呼ばれる男が、右腕と一体化した『魔銃』を持って微かに記憶に残る『白き雲』と言う男を宿敵とし、探し追い求めるストーリー
『FFII』、『FFIII』ではアルファベットをデザイン化した独自のロゴが使用され、これらも『FFIV』以後のフォーマットとは大きく異なる フェニックスの尾 戦闘不能になった者を生き返らせることができるアイテム
より写実的なキャラクターと音声を用いている シリーズ中のストーリーでは、登場人物たちの精神的な葛藤、情熱や悲劇が描かれる
17