おば みつ pixiv。 みやびん

また、食事をするのが好きではなく、柱で最も少食で、三日ほど食事を摂らなくとも平気だという。

イラスト 25• 炭治郎達と共に義勇、しのぶ、煉獄も柱代表として登場した。

また本編外からは、扉絵が空の丼を重ねていく蜜璃を隣で伊黒が 優しげに見つめるだったり、彼女の履いている緑と黒の縞のが 伊黒からの贈り物だったり、互いに多忙な合間に 文通していたりと、私的な交流を持っていたことが判明した。

」、実弥からみた小芭内の印象は 「一番気が合う。

単行本のおまけページでは、しのぶが義勇を 指でつんつんしながら「ねえ冨岡さん」「ねえねえ」と絡み、義勇がそれをするカットが挿まれており、しのぶが一方的に懐いているとは言わないまでも、距離感はそれなりに近い様子が見て取れる(普段は苗字呼びだが、単行本第5巻のカバー裏おまけでは何故か「義勇さん」と名前で呼んでいた)。

」、杏寿郎からみた小芭内の印象は 「感覚が鋭い!肩、肘、手首の関節だけなら甘露寺よりも柔らかくしなる!」。

15
」、義勇からみた小芭内の印象は 「悪口言われて悲しい イラスト 26• 静かな人
また蜜璃は年頃のお嬢さんなので異性にドキドキしてしまうが、文通したり特別優しくしてくれる小芭内が特に好きだった 漫画 30• 」、無一郎からみた小芭内の印象は 「山猫みたい
それを聞いた蜜璃は号泣しながら、自らの想いを伝えた ……他の先生に比べるとまだ茶目っけがある方か? 外部出演 ・英雄族のコラボユニットとして登場
アニメ版では上記の間に、禰豆子を連れた炭治郎を追うしのぶを追いかける義勇の場面がオリジナルで差し挟まれた それ故に隊律違反者への追及も厳しい
炭治郎達と共に義勇、しのぶ、煉獄も柱代表として登場した 伊黒は生い立ち上、女性に恐怖や嫌悪感を抱いていた
ちなみに第5巻で描き下ろされたおまけページの補足によると、しのぶは義勇のことを 「」だと思っていて、那田蜘蛛山でも「義勇が鬼の目の前でボーッとしているように見えた」ので助けようとしたらしい 本編では描かれていない二人の本格的な共闘の他、義勇の天然としのぶの毒舌による漫才のようなやり取りも健在
によると初対面から気が合う仲であったが、実弥は蜜璃タイプの女性が苦手なので女性の好みは常々合わないと思っているらしい(悲鳴嶼がポロッと漏らした事で初めて小芭内が蜜璃を好きだと知ったらしく、実弥も恋愛方面はかなり鈍い) 小芭内から見たしのぶの印象は 「努力家、忍耐強い
概要 『』の登場人物、・と・の 赤点を取った生徒は、との事
イラスト 3• イラスト• イラスト 8• ただ、伊黒以外もその場にいた大半が対象だった上に、その時のキュンときたポイントは 「ネチネチしてて蛇みたい」と彼女の人柄を知らなければ誉め言葉か貶し言葉か、判断が難しかった そして小芭内は、自分が「汚い」「屑」だと卑下を通り越して自分自身を罵倒した

以下、完結までネタバレ(アニメ派の方は注意) 第200話 お互いの想いを打ち明け、自分達が相思相愛であったことを知る。

その不死川によって傷を負わされたを助けようと、拘束された炭治郎が足掻いた際に、何らかの体術らしき技を使い、背中に肘を付くだけで炭治郎の呼吸と動きを封じるという場面が見られた。

イラスト 34• 彼女に関してはを抱いているようで、文通以外にも蜜璃にを贈ったり、柱稽古の際にはに対して「馴れ馴れしく甘露寺と喋るな」と牽制したり、無限城での戦いでは率先して蜜璃を雑魚鬼から守ったりしている。

それを聞いた蜜璃は号泣しながら、自らの想いを伝えた。

活躍 吉原でとの戦いを終えたの下に現れた際も(かなり嫌味ったらしいが)、労いをかけており、重傷を負った為に引退を宣言する彼に、の抜けた穴が埋まってない上に、後進の隊士も育っていない事を理由に引退に反対するなど、鬼殺隊という組織の運営等も常に考慮しながら行動している。

6