コロナは、いつ終わる。 普通の日常が戻るまであと7年か-現在のワクチン接種率から判断

BAD NEWSとしては、 夏に入り、少し戻った人の流れが再度落ち込む可能性が高いということです。 ワクチン、治療薬ともに科学的発見は実現時期が一番読めないのでこれは神頼みです。 そういうタフな人物が出てきそうな気配が感じられます。 先程述べたとおり、4月、遅くとも6月ごろまでには会食できるほどの状況になっている可能性が高いです。 当時出していた説は以下のとおりです。 社会も一時的に混乱をきたすでしょう。

そこにPCR検査や抗体検査が加って、コロナウィルスに統括されて表現されるだけ・・・ 国民の6,7割ワクチン接種直後に感染症2類を、3類相当か5類相当にすればいい。

「ウイルスの制御や制圧」がなされれば、激しく落ち込んだ「景気はV字回復」でしょう。 つまり「ウイルス対策」は、「最高の経済対策」でもあります。

いつ収束するのか?については、8月ごろを予測されており、必要以上に不安になる必要はないというメッセージではないかと読み解かれています。

占星術:レイコローラン ファッション雑誌eclat(エクラ)のwebサイトにて、占いを担当されているレイコローラン先生。

このブログで以前、ハリー田西先生は、 2020年と2021年は『2年でひとくくり』で考えるべきと述べられていますが、新型コロナウイルスの影響で2020年のオリンピックが1年延長され、2021年の開催になったことで、『2020年に起きた出来事が2021年にまで影響した』ことを的中されています。

結論から言えば、 2021年~2022年には収束する可能性が高いです。

高度経済成長期…人々はウイルス性の風邪や季節性インフルエンザをそれほど恐れていませんでした。

未知のものに遭遇したことによって混乱している状態ですが、今一度落ち着いて心を1つにし、困難を乗り越えることが大事ですね。