ブルーベリー ラビット アイ。 ハイブッシュ系とラビットアイ系の見分け方

畑に植えた品種中では最も旺盛にシュートや葉を展開しています。

果実の大きさは、剪定が甘いと小さくなる傾向が強そうです。

果実は皮や種がやや目立ち、ガーデンブルーを酸っぱくした感じで滑らかさに欠けます。

写真はクライマックスを主体とした混在型。

種や皮も目立たず 掛け値なしに美味しいと思える味でした。

毎年の気候次第でどれがラビットアイ系の一番果になってもおかしくない。

よく初心者向けといわれますが剪定作業は大変そう。

鳥による被害にも注意 果実が熟す頃になると野鳥が集まり、せっかく実った果実が食害されてしまいます。

樹勢が強く、収穫量も多い、そして甘みのある実をつけるのが特徴です 実を収穫するのに適したラビットアイは? ラビットアイ系のブルーベリーの中から、 収穫を目的とするのに適した代表的な6品種をご紹介します。

実着きの良さや風味ではノビリスを上回り、美味しい果実を安定して着けてくれます。

90
紅葉は12月上旬からラビットアイ系で一番早く始まりました 観察の経過などについて書いてみました
植え付け前に剪定をします タネと皮が気にならないのは良い感じですが、やはり味が最も重要です
それ以下でも条件が合えばお薦めできます 6 と平均糖度は遂に大台に 載せました
有望な晩生種のひとつ ブルーベリーの水やりの方法とタイミング プランターの水やり プランターの場合、土の量が限られているため保持する水の量も限られてしまいます
生育期間が短いのは良いのですが、味が良くありません 露地栽培の適性も十分にありそうで、さすがに評判の良い品種だけのことはあります
ラビットアイ系の評価 色々なウェブサイトで果実品質について品種ごとに評価されていますが、確かに食べ比べてみれば同じブルーベリーでも全然別ものだとわかります 我が家は水やりを 頻繁に行うので、こういった品種は要注意と思います
用土の高さをプランターの縁より下げるのは、水やりの際、この部分に水がたまるようにするためで、ウォータースペースといいます (2006年秋現在) こうした制約があっても、それ以上に魅力があり、お薦めできる品種