山北 玄倉 川 水難 事故。 玄倉川水難事故(DQNの川流れ)のその後と生き残りの現在について

13日20時20分 玄倉ダム放流開始。 救助ヘリコプターの出動が要請されたが、天候不良のため航行不能と判断される。 ・台風の強さを表す「弱い」「並みの強さ」を、「強い」「非常に強い」「猛烈な」に変更。 また、19時40分頃には雨足がさらに激しくなり、事故現場から5km上流にある 玄倉ダムが放流予告のサイレンを鳴らしています。 10時ごろ 一行はひざ上まで水に浸かっている状態となる。 子どももたくさんおり夜中に川を渡るのは危険だと判断し、安否と人数確認をし明るくなってからの移動をすることにしました。 それとキャンプをしていた場所も、川の中洲だなんて考えられません。
45 68