済生会泉尾病院コロナ感染。 「大阪府済生会泉尾病院」(大阪市大正区

施設名の公表が、クラスターの封じ込めに だが、感染拡大防止という観点から見ると、病院名の公表が控えられたままでいいかは疑問が残る。

8日に陽性が確認された80代の入院患者と同室であったため、濃厚接触者として、同日から専用個室にて治療と経過観察をしておりました。

そんな中、皆様方からマスクをはじめ多くのご寄付や励ましのお言葉をいただき、誠にありがとうございます。

2020年12月21日 病 院 長. 毎日の体調管理&感染予防を 様々な報道等を見る限り、不特定ないし多数と共に過ごす(有症者が入り込むリスク)、一定の空間長時間密閉される、他人と同じ物を触れる(接触感染)、会話や食事等を行う(飛沫感染)と感染するリスクが高いと感じています。

皆様の安全・安心な受診に向けて、更なる努力をして参りますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

救急外来について 救急外来は8月14日夕方より停止しております。

研修医を含め、比較的若手の医師が多いことも特徴です。

35 21

今後の対応につきましては所轄の水戸市保健所とも相談しながら、さらに接触の可能性のある者につきましても、引きつづき PCR検査を実施しており、その結果については判明次第お知らせさせていただきます。

新型コロナウイルス感染症患者発生に関するお知らせ(第7報) 本日8月15日PCR検査の結果新たに1名の陽性が確認されました。

外来診療について 8月25日より消化器内科以外の外来における、初診患者の受け入れを再開します。

院内調査により、現状ではその他の患者さまや職員への感染拡大は極めて低いと判断していますので、外来・入院診療、健診など通常の診療につきましては、感染拡大防止策を徹底したうえで継続して参ります。

引用元: 看護師さんから 以前こちらで家族がお世話になりました。

引きつづき院内の感染防止に努めてまいります。

当院といたしましては、次のとおり対応させていただきますので、ご迷惑をおかけいたしますがご理解、ご協力賜りますようよろしくお願いいたします。

自粛生活は辛いですが、もう少し耐えるしかありませんね。

平素は、泉尾病院を応援くださいまして誠にありがとうございます。

80