ハイキュー 名言 集。 【ハイキュー!!】の名言・名セリフ集

低身長という不利な要素を持ちながら、ずば抜けた運動神経と情熱を武器に入部した中学のバレーボール部。

『もう緊張する理由は無いよなあ!もうやっちまったもんなあ!一番恐いこと!・・・それじゃあ・・・とっとと通常運転に戻れバカヤロー!!!』 緊張で、試合開始から本調子が出なかった日向。

守り専門で、攻撃をすることが許されないリベロの選手ならではの台詞です。

』7巻) 菅原ももちろん「本当は自分だってたくさん試合に出たい!」と思っています。

寡黙だが仕事は要領よくこなす有能なマネージャー。

中学時代は自分の才能を過信したワンマンプレーでチームメイトとの絆を作ることができませんでしたが、自分を信頼し、どんなボールでも追いつく日向との出会ったことで、その才能をさらに引き出すことになりました。

77
』22巻) 春高出場枠を巡って音駒高校と対戦した際、相手の戦略により思うようにプレーできなくなってしまった木兎に向けて言った赤葦の台詞です 『一人で勝てないの当たり前ですコートには6人居るんだから』 バレー部に戻ってくるのを渋るアサヒ
『お前は3年間何やってたんだ!?』 高い運動能力、センス、勝利への執着 攻撃面では高さが重要なバレーボールですが、チームの強さには守備の要・リベロの存在が欠かせません
そこには指導者はおろか部員すら居らず、日向は上達の機会を得られないまま中学時代を過ごすことに 日向翔陽の名言その1 「負けたくないことに理由っている?」(引用:『ハイキュー! ブロックを「システム」と考える月島は、冷静な分析力と素早い判断能力で、1年生にしてブロックの司令塔となり、攻略不可能と言われた牛若のスパイクのどシャットに成功
かっこいいですよね 練習中にはお互いを叱咤激励しつつ、切磋琢磨をする姿勢も大切
まだ落ちてないまだ落ちてない! まだ・・・!• 面倒な基礎練習は苦手ですが、冷静沈着にゲームメイキングができる、音駒高校のブレーンとして欠かせない存在です 澤村大地の名言その1 「……昔、烏野が一度だけ行った舞台だ もう一度、あそこへ行く 東京オレンジコートだ」(引用:『ハイキュー! ほとんどは日向が重ねるミスが原因でセットを落としてしまう
『 —— 食え 食え 少しずつ でも確実に 強くなれ』 青城に苦しくも敗れた試合後、皆がご飯を食べるシーン 」【田中龍之介】 第12位も烏野高校の2年生でスパイカーの田中龍之介
『これは現実だ まず受け止めて冷静に バレーにおいて、基本的に低身長はデメリットととらえられます
しかし、いざ本番 』が読みたくなること間違いなしですよ! 第20位:「俺は、音駒のエースだからな
『今の1点は奇跡じゃない 獲られたんだアイツに!点を!!獲られたんだよ!!』 点差が開く中、諦めるどころか本気で挑む日向に獲られた一点 そして東峰は、エースとしての自信を取り戻します
8
勝てない試合、うまくゆかないプレーが続くと、悪循環でチームの心がバラバラなってしまうことがあります 烏野高校は予測できない相手のプレーに翻弄されますが、澤村のこの一言で、チームの選手たちは我に返ります
第9位:「てめえ一人で戦ってるつもりか」【岩泉一】 第9位は、青葉城西高校、ウイングスパイカーの岩泉一です 』7巻) 青葉城西戦で、スパイカー1人1人に寄り添おうとし始めた影山に対しての台詞です
第2回の人気投票の応募総数は、なんと53,717通!今回は20位までにランクインした、特に人気なキャラクターの魅力を名言と合わせてご紹介します!『ハイキュー! 周りが日向の中学をなめて見ている中、影山だけは本気で言い返してる場面
全国大会出場に大きく貢献しました まして日向のポジションは速攻とブロックの要であるミドルブロッカー
これまでの中学3年間を否定され、大敗してしまう日向 きっと二年生だけではないでしょうからね