お笑い 第 7 世代 つまらない。 「明石家さんま」の人気に陰りが出始めた? お笑い「第7世代」の取り込みが課題

50
あとは、物珍しい新たな試みをしているネタが口コミで流行っているだけのように見えます。 若手漫才師が、優勝を目指して1年かけて努力を続け、己のプライドを懸けて真剣勝負を繰り広げる。 。 そのため、そこでライバル同士であるはずの芸人が仲良く馴れ合っている姿を見せるのは、銃弾飛び交う戦場でふざけているようなもので、戦う者同士としてはあり得ない行動であると考えていた。 ・キャラ設定がわざとらしい人が多い気がします。
21

すると平子は草薙に対して、ルールに沿わない自分の価値観が視聴者から受け入れてもらえていることに甘んじて〝『いま、俺でいいんでしょ?』の垂れ流しをしている〟とするどく指摘。

どうやら次世代ブレークを狙う若手芸人にとって、お笑い第7世代は憧れの対象になっていないようだ。

テリー伊藤が「最近の番組がつまらないという人がいるけれど、テレビがつまらなくなったんじゃない。

この番組は、第7世代の芸人が日本を元気にするため新しいキャラを生み出していくという〝新キャラ育成バラエティ〟。

net そいつが推す奴は全て落ちてく そいつが好きってことは霜降りは消えるってことだから オレはむしろ正常なんだと安心したw 676 : 名無し募集中。

今ではプロの芸人も続々とYouTubeに参入するようになり、たとえ上の世代の芸人であっても、YouTuberを頭ごなしに否定的に見るようなことはなくなってきた。

11