あくび み がわり。 あくび(ポケモン) (あくび)とは【ピクシブ百科事典】

次のターンの相手の選択は「あくび」が入ったカビゴンで突っ張って眠らせるか、ドラパルトに交換するかを選ぶ事になりますが、 ここでニンフィアは「ハイパーボイス」を選択する事でドラパルト交換に対し大きなリスクを負わせる事ができます 特に初見で型の読めない相手には、「攻撃される」か「ちょうはつされる」かの二択である為、場合によっちゃ読み外して死ねる
先に状態異常になってしまえば、あくびの効果を受けることはありません 分身は現在の使用者と同じ・・を持つ
カビゴン• 相手のによるダメージ のみ• みがわり状態で攻撃を受けた場合、アッキのみやじゃくてんほけんは発動しません 当然居座ってしまえば次のターンに眠らせ、交代したら貴重な1ターンをロスさせる事が出来る
持ち物による対策 カゴのみ、ラムのみ 「カゴのみ」はねむり状態を回復し、「ラムのみ」は状態異常を回復します 場を対象にする技 ステルスロック、まきびしなど は防げません
「」で起点を作った後、さらに「」で「あくび」ループに入れて「エースバーン」で一掃する流れが強かった 対抗策としてあくびを撃たれるまえに、、またで一方的な交換をしないことや、で自分からになる戦術のポケモンを出すなどがある なのであくびを使用するポケモンは逆に起点にされないように、、などを一緒に採用されている場合も多い
交代されると効果が切れるということは、 次のターン、相手に居座るか交代させるかの2択を迫る事が出来るのである 分身がダメージを受けていれば、本体のHPが減っていなくても次のターンの相手のの威力は上がらない
みがわり あくびはみがわりを貫通しない為、先攻でみがわりを使うことで逆に相手を起点にできます ・・ののダメージでは本体のHPが減少する
イーブイズパーティだけじゃなくて、普通のパーティでもシンプルに強いと思います 7月 2021 日 日曜日 月 月曜日 火 火曜日 水 水曜日 木 木曜日 金 金曜日 土 土曜日 27 2021年6月27日 28 2021年6月28日 29 2021年6月29日 30 2021年6月30日 1 2021年7月1日 2 2021年7月2日 3 2021年7月3日 4 2021年7月4日 5 2021年7月5日 6 2021年7月6日 7 2021年7月7日 8 2021年7月8日 9 2021年7月9日 10 2021年7月10日 11 2021年7月11日 12 2021年7月12日 13 2021年7月13日 14 2021年7月14日 15 2021年7月15日 16 2021年7月16日 17 2021年7月17日 18 2021年7月18日 19 2021年7月19日 20 2021年7月20日 21 2021年7月21日 22 2021年7月22日 23 2021年7月23日 24 2021年7月24日 25 2021年7月25日 26 2021年7月26日 27 2021年7月27日 28 2021年7月28日 29 2021年7月29日 30 2021年7月30日 31 2021年7月31日. 安売りすべき特性じゃないだろ・・・ -- 名無しさん 2014-04-11 20:51:43• 相手の・・ のみ• が違うポケモンがして「ひるねをはじめた」場合のねむり• 相棒ピカチュウのばちばちアクセルでプテラに先制攻撃可能ですが、プテラを一撃で倒すことはできませんでした
ねむり状態についてはこちらで詳しく解説しています 相手の まで• 93位と滑り込みですがですが初めて最終2桁を達成できたので記事として残していこうと思います
みがわり状態のポケモンがの自傷ダメージおよび・を外した時の反動ダメージを受ける場合、相手のみがわり人形が代わりにダメージを受ける ラム持ちギャラドスを出して竜舞とか マジックミラー持ち あくびは特性『マジックミラー』で反射できます
98 84

S調整もここまで振ることで、相手の「ポリゴン2」対面では一度も負けたことがなかった。

分身でダメージを防いだポケモンが使用する・の威力や、分身でダメージを防いだポケモンに対するの威力は上がらない。

-- 名無しさん 2016-11-28 11:52:10• 相手の・• その上位層ニンフィアは素早さを振ってないことが多いので上から瞑想や身代わりできるように12振りしている。

HDで採用したことにより初手に選出しやすく、圧倒的にHBより使いやすかった。

例えばカバルドンはHDに特化していても「こだわりメガネ」を持ったロトム 草 の「リーフストーム」や、「いのちのたま」を持ったガマゲロゲの「ダイストリーム」を耐えることはできません。

同速対決 50% に勝てば、メガフーディン、メガプテラ、マルマインの挑発でステロを止めることはできますが、同速対決に負けた場合、メガフーディンとマルマインは何もできずに噛み砕くや地震で倒されてしまう可能性があります。

また、「」展開に強く選出することが出来るが、「」展開にはほぼ「」がPTに入っており、選出がしづらい場面が多かったので「」を採用した。