エルサルバドル ギャング。 アメリカ極悪犯刑務所の日常 レイプ犯はその日のうちに始末される

キンタニーヤによると、そこにマラスはこうささやくという 地元大手紙ラプレンサの記者ローデス・キンターニーヤ(35)によると、普段は表に出ないマラス構成員の目や耳、足となって実際に動くのは、「ポステス」(英語でポストの意)と呼ばれる正式構成員になる前の少年たちで、10歳前後の子どももいるという
あるいは、2分間の袋叩きに耐えるというやり方もある そしてその数年後には、MS-13に出入りし、夜遅くまでコカインを薄めたりマリファナを巻いたりして、密売の手伝いをするようになった
あるとき、携帯を手にした子どもが「あなたに電話です 12年からの停戦協定の間に地方への展開が進み、14年からの取り締まりで奥地や国境まで拡大し、いまでは全国にいます
遺体は手足を拘束された焼死体であることが多い 内戦中に大勢の市民を意のままに殺害した、軍に近い極右武装集団「死の部隊」の再来を見るためだ
主婦エベリン・フロレス(36)は「毎年のように集落で殺人が起きるので、外出を控えています その後、最厳重警戒体制の重犯罪刑務所など複数の刑務所で10年近くを過ごし、そこで改心した
こちらも構成員は武装している 関係者に聞いた
2大ギャングが停戦協定を結んだためであった 暗殺が横行した内戦時代の再来を危ぶむ声も出ている
中でも重要な計画の一つに、貧しく、暴力が日常に蔓延するコミュニティに、ガラス張りで立方体の形をとった「」と呼ばれるセンターを建築する計画だ またいくら政府がギャングに対する政策を打ち出し殺人事件を減少させようとしても、エルサルバドルが麻薬の国際貿易の経由地である限り、ギャングの存在、殺人はなくならないだろう
エルサルバドルの内戦は終わりましたが、まだ世界では懲りずにテロや戦争で人が死んでいます ニュースで先日、『中米ギャング社会、履いているスニーカーさえ命取りに』という記事が上がっていました
この地図は、スチトトのゲリラ戦が激しかった地域を紹介しています 2013年9月の時点で、エルサルバドルの刑務所の収容者数は、収容できる人数の約3倍にも及んだ
81

そして女性たちは、刑務所にいる夫を待つギャングの妻たちだった。

所持品や時間帯、バスの混雑度を見極めて、市内バスを利用する必要があると思います。

国外の麻薬組織とも連携する大規模なギャング集団が、殺人などの重犯罪や組織内抗争を起こすことで、治安が悪化したと言われています。

エルサルバドルにあるイサルコ刑務所は、同地のギャング「18番街 エイティーンス・ストリート 」専用の刑務所。

幹線を牛の群れがゆっくりと横切り、中心部を行きかう車も少ない。

復讐の応酬です。

87