ドライ ドライ フラワー 歌詞。 【優里】ドライフラワー 歌詞翻譯 12 11 月, 2020

と、 「別れ」を経験した人には誰もがそういう感情を抱くのではないでしょうか 「新しい人」なんて皮肉も出るくらい、心に強さを取り戻している雰囲気があります
ここが重要 ただ君に自分だけを愛して欲しいだけなんだよ -- 名無しさん 2020-04-13 21:15:08• 勝手に涙出てきました
友達にこの曲を聴かせたらとあさんのファンになってくれました -- 名無しさん 2019-04-06 13:26:28• でもそのたびに「私」の気持ちが崩されていくことに気付き、「好き」という言葉がつかえないのでしょう めっちゃハマるるる ry -- ゆペペ 2018-02-01 22:44:53• 「声も顔も不器用なとこも 全部全部 嫌いじゃないの」の歌詞からも、 別れた彼に未練があるのだと解釈できます
散 chi らばってく rabatteku 感傷 kansyou は ha あっちこっちそっち atchikotchisotchi どっちみちもう dotchimichimou 迷子 maigo 愛 ai されないまま sarenaimama 愛 ai されないまま sarenaimama 咲 sa いちゃって ichatte 嫌 kira われないまま warenaimama 枯 ka れてった retetta 作 tsuku り ri 笑 wara いだけ idake 張 ha り ri 付 tsu いて ite 君 kimi にも nimo 逢 a えなくなりました enakunarimashita 欲 ho しがってまた shigattemata 咲 sa いたって itatte 繰 ku り ri 返 kae して shite 引 hi き ki 摺 zu ったって ttatte 惚 ho れちゃって rechatte 腫 ha れちゃってんだ rechattenda からっぽ karappo からっぽなんだ karapponanda 君 kimi を wo 少 suko しだけくださいな shidakekudasaina. 二人三脚だったから自由に行けなかった場所に行けたり、一人になったからこそ見えるようになった景色もあるでしょう ねえ nee いつ itsu 笑 wara えてたっけ etetakke? すれ違っていく空気
「ドライフラワー」1番サビ|歌詞の意味 声も顔も不器用なとこも 全部全部 嫌いじゃないの ドライフラワーみたい 君との日々もきっときっときっときっと 色褪せる 引用:優里『ドライフラワー』歌詞 「嫌いじゃない」という部分には、彼の欠点ごと愛していこうと何度も思ったという意味が込められています すこ -- 名無しさん 2019-04-27 00:23:30• ドライフラワーも、傍から見れば美しいものです
25
友達をつくるのが苦手やったけど、この曲にめちゃめちゃ勇気もらって頑張れた。 ねえ nee いつ itsu 笑 wara えてたっけ etetakke? ドライフラワーを添える描写は、色褪せてしまっても永遠に残るドライフラワーを「貴方」と共有することで、「貴方」も「私」のことを忘れないでほしい、という彼女のわがままと捉えることができます。 「ドライフラワーみたく 時間が経てば きっときっときっときっと色褪せる」という歌詞から、 かつての恋人との日々を早く忘れてしまいたい、また色濃く残る自分の恋心を早く消してしまいたいという願望が表れていると思います。 「私」のどっちに傾いているかわからない 中途半端な心の揺れ方を「嫌いじゃない」 と表現していることで、 とても上手く表現されてます。 二人で過ごしてきた日々を思い返して、その 後悔や寂しさがストレートに滲むフレーズです。
53 79