ステップ オーバー トー ホールド ウィズ フェイス ロック。 ステップオーバー・トーホールド・ウィズ・フェイスロック

うつ伏せ状態の相手の左足を両足で挟み込みながら相手の上におおいかぶさり、左腕を自らの左脇下に抱え込んで頭部を両手でクラッチして絞め上げる変型STF。 STS 【使用者】のオリジナル技。 セッド・ジニアスも多数のバリエーションを持っており、相手の上半身をやに捕らえたり、からステップオーバーして相手の両足をフックして動けなくさせるも披露した。 ちなみに隠し持っている凶器(五寸釘等の鋭利な金属類)を使用する事は除きます。 日本での第一人者は蝶野正洋。 相手の頭部をフェースロックではなく、スリーパーホールドに捉える。 の ステップオーバー・トーホールド・ウィズ・フェロモン(STF )も同型技。 このFTSは脚を極めているかいないかの違いで馳の裏STFとは微妙に異なっており、馳考案の裏STFは脚を完全に固定していない(両脚で相手の脚を固定しているのみ)のに対してFTSは相手の脚を固定した上で完全に極めている状態である。 に更にを合わせた複合技。
16
FTS 【使用者】のオリジナル技。 応用技としてはやなど。 が蝶野から使用許可を得た初めての選手となる。 はいくつもの派生技を生み、相手の顔面ではなく腕を取る 腕極め式STFや上半身をのような状態で固める 羽根折り固め式STF、さらには相手の脚を交差させロープエスケープを困難にさせた クロス式STFなどが開発された。 、(複合関節技)あるいはに分類される。 。
64