学芸 員 と は。 「これからの博物館の在り方に関する検討協力者会議」(第3回)配付資料 [資料4]-文部科学省

今はMacで作って打ち出します。

学芸員の給料・年収 安定した収入を得ている学芸員はあまり多くない 学芸員は専門職ではあるものの、収入はそこまで高いわけではなく、 平均年収は250万円~400万円程度といわれています。 (公立博物館の場合) 行政職(79. 準学芸士取得後、経歴認定対象機関での実務経験7年以上 他 <2級学芸士>• なお2009年4月に施行規則が一部改正され、2012年4月より科目及び単位に変更が生じる。 また、病気や障がいなどで来館できない児童生徒のために病院や施設へ出向いて行う出張科学講座も承っております。 学芸員の就職先・活躍の場は、博物館法によって規定されている博物館が中心です。 現代では、博物館の数自体は増加傾向ですが、だからといって学芸員の採用人数が増えているわけではありません。 ただいま、ご家庭で簡単に楽しめる科学工作実験を紹介する動画「やってみよう!おもしろサイエンス」を制作して当館公式SNSにて配信しております。 研究対象はすでに収集された物から新たに発見された物まで幅広く、その研究内容は論文などにまとめて学術分野に貢献したり、文化施設の質の向上に役立てられます。 3級制学芸士取得後、経歴認定対象機関での実務経験5年以上。 博物館が扱う分野に関係する学位• 2大学において博物館に関する科目(生涯学習概論を除く。 基本的には展示などに対する質問に答えるのが仕事ですが、博物館出版物を売ったりもします。
85
うち39大学・大学院) 養成はマスターレベルが一般的で、学部で歴史学、美術史、人類学など専門分野の基礎的な学習をした上で、(ときには博物館勤務後)大学院で博物館の職務に必要な学問を深めるケースが一般的。 (注3)「審査認定」の面接実施日については,11月中旬までに郵送にて連絡します。 研究者としては、各自の専門知識に基づいて、技官や作業の補助員、事務職員などとも協力しながら研究や分析を進めます。 博物館職員の配置及び職務に関する定義・法的根拠等 「博物館に、専門的職員として学芸員を置く」(博物館法第4条) 「学芸員は、博物館資料の収集、保管、展示及び調査研究その他これと関連する事業についての専門的事項をつかさどる」(博物館法第4条) (注1) 「文化財に関する学術研究の責任者として、また調査研究・分類・保存・維持・(コレクションの)充実化、付加価値を高めるための普及啓発に関する技術に関する責任者」として定義。 例えば、資料の登録・管理はレジストラー、資料の保存・修復はコンサベーターやレストアラー、博物館における教育はエデュケーターがそれぞれを担当している。 しかし、以上のような認識は、専門家か一部の美術ファンにしかないため、学芸員の情報(どの美術館にどの分野を専門とする学芸員が所属しているかという情報)は、通常は存在せず、一般的に知る手段もない。 受験案内冊子の郵送を希望される方は,文化庁企画調整課博物館振興室へ封書にて請求してください。
44