艦 これ 好 感度 ss。 妖精「好感度視覚化眼鏡でし」 艦娘達「普段冷たい提督の好感度が高過ぎてヤバイ」

」好感度89 提督「なんだ?」 大井「さっきの事は他の誰にも言わないでください。

」 提督人形をゆする島風。

」バタム 天津風「……ぁえ?」 提督「ごめんなさぁぁいッ!」スライディングドゲザ 天津風「あ…なた………? そろそろお昼よ。

」 男の人が手を差し伸べてくれる。

でも1つだけ29の人に……自分が書けもしない作品に対してそんな事が言えますね。

それは「異常に艦娘に好かれやすい体質」であるということ。

むしろのよく頑張った方だと思うが。

村雨とは仲はそれほど悪くないし50あれば大満足かなあ? 村雨「あれ?提督、聞こえてる?」好感度95 提督 95!?いや高すぎだろ?やっぱりこれ壊れてるんじゃね?. 彼の頭は車のタイヤに巻き込まれて、原形を留めていなかった• 概要 とのに最適なを探すために、とある工が「」との中に入手していた「」の()をも駆使して工に作らせた「試作好感度計測機」。

やだやだやだやだ…ね、アナタ…ど、どうせドッキリかなんかでしょ…ね? そのため投稿スピードは体調次第になるので、かなりまちまちです。

09 ID:ymAQoNL70 昼時、工廠にて…… 妖精「試作品で1つしかないでしが、良ければお使いください」 妖精「では私はこれで」 瑞鶴「どうするの、コレ……」 メガーネ 加賀「とりあえず私が預かっておきます。

76
元気無いわね」 提督「いや…別に」 その時だった• 」 キョトンと提督を見つめる青葉 青葉「え 提督「艦娘の目の前で死ね
者()の名は「bo」氏 事故の証人になってもらえますか? 50 ID:ymAQoNL70 長門「皆で順番に使えば良いんじゃないのか? 順番なんて早いか遅いかの違いじゃないか
昨日で検出されたは、微弱ながらも独特な波長を持っており、 ののに対するを極端にさせ、さえを許容させる 22 ID:mnepNzgr0 天龍「次は俺か……」ドキドキ 龍田「あらあら、悪い結果でも落ち込んじゃダメよ?」 天龍「そういうこと言うな! 不安になるだろうが!」 龍田「不安、ね〜」ニヤニヤ 天龍「〜〜〜ッ! もう行く!」 龍田「頑張ってね〜」 執務室 ドンドン 天龍「入るぞ」 提督「なぜお前達は返事を待たずに入ってくるんだ」カキカキ 天龍「へいへい、気を付けるって」 提督「で、何しに来たんだ? さっきから変わり変わりで」カキカキ 天龍「いや、何か手伝うことはないか? 天龍様が手伝ってやるよ!」 提督「無い
40445• じゃあな 81 ID:mnepNzgr0 執務室 コンコン 「失礼します」 提督「……加賀か、何の用だ? 今日の秘書艦は夕張のはずだが?」 加賀「(こちらを見向きもしませんか……まぁいつも通りですが)いえ、何か手伝う事はないかと思いまして」メガネスチャ 提督「無い」 加賀「そうですか」ジィッ 提督「……用が無いなら早く出て行け」 加賀「(数値は……)っ!?!?!?」ガタッ 提督「……? 何を……お前眼鏡なんて掛けてたのか」 加賀「え? あっ、はい
確かに信頼はされてるとは少し自覚してるけど 」 提督「ああ、お詫びになんでもするから」 島風「なんでも…じゃあ私とケッコンして! 妖精「そうです!」ドヤァ 提督「何故こんなものを作ったんだ?」 妖精「こんなものとは失礼な
」 提督 最初から大井かよ なんかその人形引っかかるけど」 佐世保提督「やっぱり最初は秘書艦かな? 右も左も分からないまま、それでも故郷の恋人との平和な生活を夢見て、果てのない戦いに身を投じていく
そんな事より、提督がどこにもいない 車から降りてきた人が電話を終えて話しかけてきた 佐世保提督「すいません
・リクエストにつきましては、作者の力不足によりリクエストを頂いた方の望む艦娘を描ける自信が無いため、基本的には無しの方向でお願い致します 初回のによると「 勝手に化したものです
」 提督 うわ 」 作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!• をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます
85