銀河 鉄道 の 夜 あらすじ。 宮沢賢治『銀河鉄道の夜』あらすじ・解説~本当の幸せとは「迷いない自己犠牲の献身」である~

その時、聞こえる「銀河ステーション、銀河ステーション・・」という不思議な声。

「銀河鉄道の夜」で鳥取りが取っているのも、鳥ですから要するに言葉です。

原作のエピソードが一部省略されている。

ジョバンニとカムパネルラは、親友であり続けます。

父親は漁に行ったきり、戻ってきません。

傾斜を下っているのでした。

同年7月13日公開。

親同士の仲がよく、幼いころから親しい関係です。

サソリの話でした。

独特の世界観にファンが多く、さまざまな映像作品や演劇の題材にもなっている名作です。

44

あんなにくるっとまわって、前の方へ来た。

この瞬間、ジョバンニは銀河鉄道の旅が何を意味していたのか気づいて、みんなの本当の幸いのために尽くすことに、生きる意味を悟った。

わたしたちは天へ行くのです。

ジョバンニさん。

ジョバンニが父親が帰ってくるという知らせをうけて、胸がいっぱいになるシーンです。

カムパネルラがしたこととは、自分の危険をかえりみず、川に落ちたザネリを助けに行ったことです。

自分も本当の幸せを実現したいと考えるようになるのです。

畑山博『銀河鉄道魂への旅』PHP研究所、1996年9月。

24