タイヒ ミュラー 理論。 宇宙際タイヒミューラー理論の拡がり

コンピュータによる確認について言及したものすべてに私は非常に苛立っている(このブログでは出てきていないが、望月の研究をネットで論じた別のどこかに出ていた) この側の追加の構造により、主張された結果に変換されるステートメントを推測することができると主張されている
Shinichi Mochizuki July 2014• もしかしたらどこかに見落としがあるかもしれません ショルツが指摘した欠陥とは ピーターショルツ教授 数論幾何学と呼ばれる数学の分野の教授で、数学界の最大の名誉とされる「フィールズ賞」を30歳で受賞した方です
数学者ではない理系がなるべく簡単な説明を試みる さらにのすごさがなんとなくわかった気になるお話: 未来の普通• 論文は全部合わせると600ページにも及ぶ膨大なものです 後にそれは「未来から来た論文」 と呼ばれることになるわけですが、 「宇宙際タイヒミュラー理論」により 「ABC予想」を解決したと主張して、 数学界に大変な激震が走ったのです
It is in the proof of Corollary 3. 3 2016 , 3:6• ) 『』を明はもちろん偉業だが、『際ヒ』を用いて他のの難問を明・解くことが出来るらしいので、「世紀の大偉業だ」「の1つや2つでは足りない」「数年に1回の的な成果だ」というのものらしい IUT理論の難しさ 望月教授の論文は、IUT理論を使ってABC問題を証明したものですが、IUT理論自体が望月教授が作り出した誰も知らない数学です
その証明の論文で使われている理論の名前は, 「 宇宙際タイヒミュラー理論(Inter-universal Teichmueller Theory)」 というすごい名前 こんにちは
足し算と掛け算、小学校で習う簡単なものですが、実はその関係は非常に複雑で難しい問題なのです その分野に詳しい数学者がチェックして「 正しいだろう」と判断したものしか掲載されません
PRIMS特別編集委員会共同編集委員長で、審査のまとめ役であるは「今回掲載されたものが未来に残る最終確定のものだ」 とコメントした それは、「上記の議論を系3. ABC予想とは,数論の 解析の最重要問題
論文に掲載された後も他の数学者たちのチェックを受けて、初めて「ABC問題が証明された」ということになるのでしょう 嫌いで取材を断っており、取材対応は広報を統括する当局に委任している
(1)の解決に関連した,望月先生の「」の原論文 教授による,に関連した原論文のPDF(合計で500ページ超): INTER-UNIVERSAL TEICHMULLER THEORY I: CONSTRUCTION OF HODGE THEATERS• 考え方があまりに斬新だったため「 未来からきた論文」とも呼ばれました ちなみに、望月教授の4編の論文は下記リンクで読めます(PDF
この件(というか数学全般)について小生は完全な門外漢ではあるが、専門用語の訳をグーグルさんに頼りつつ、以下に紹介してみる それもそのはず
82

乗法演算と加法幾何学である。

先日、私たちのグループにとって、大変喜ばしいニュースが届きました。

ですから、 太陽系の動きをヒントに原子と電子の関係を 割り出すことも可能かもしれません。

Ivan Fesenko 2015 ,• ウィキペディアにはこうあります。

理論の発表以降の約9年の間に: ・約7年半に及ぶ審査を経て理論に関する連続論文(4篇)は国際数学雑誌PRIMSに掲載された。

要は、世界がIUT理論を認めると、 これまでの既得権益が奪われてしまうので、 簡単に認められないだろう、と言ってるわけですね。

また,積 abc の互いに異なる素因数全体の積を Rとおく。

また、2014年12月には、望自身が海外の研究者に対し、虚心坦懐に一からを理解しようとしない、という批判をで展開している。

引用している論文を合わせれば1000ページくらい読まないといけません。

なぜならこの理論は、 従来の数学の土俵には存在しないからです。

78