土井 きり 小説。 落乱小説

学園を去るその日、は組の11人が誓うことは。

「先生、ごめんなさい!」 「うん、分かったらもうするな。

ああ、嫌だなぁ・・・ またこんな顔を、させてしまった。

なんともいえずいたたまれない気分になって、しかし顔を上げることはできなかった。

罪を厳しく諭されしぶしぶかまどの丸くカーブしているところ(ちょうど子どもサイズ)に手をついた。

噛み締めた舌を舌で捉えられ強く吸われる度に身体から力が抜けていくのがわかる。

「水と泡と」の柚季様へ、相互リンク記念として捧げました。

なんだ。

家に入るとまず、これまでのいきさつを聞かれた。

」 かろうじてそう呟いた。

97

元ちとせさんの同タイトルの曲をベースに作りました。

あとがき 置いてかれて土井先生に依存してることに気付くきり丸。

殺気を放ち睨みつけるとそのあまりの迫力に酔っ払いたちは冷や汗が流れるのを感じた。

むしろ今日中に書き上げたことを褒めてほしいくらいっすよー」 「あのなぁ、だからあれ程夏休み中に読んでしまえと言ったのに・・・ていうか、そもそも夏休みの宿題なんだから夏休み中にやるのが当たり前だろうが!」 「へーい、すんませんっしたぁー」 気の抜けた返事をしながら、悪びれた様子もなく半助の手に感想文を押し付ける。

が、思わぬトラブルが起きた。

**** そして待望の夜。

「二人とも、やめてくださいよ。

27 45