サンチアゴ 航空 513 便 事件。 《歴史豆辞典》 殿中でござる!!

当空港に着陸するには事前に許可が必要です。

しかし、都市伝説の愛好家としては、タイムワープものは定番怪事件として絶対に外す訳にはいかない超常現象ですので、 また類似のお話があれば是非ご紹介したいと思います・・・。

整合性が取れない数々のポイントはご紹介した通りです。

意次が死亡したことを受けて佐野政言は切腹、佐野家は改易となります。

予定にまったくないぞ。

機内を調べると、乗客乗員あわせて92名全員が白骨死体となっていた。

48
このメタンハイドレードが、大陸棚付近で地滑りがあった際に剥き出しになり、海水と触れることで科学反応を起こすのです 実は科学反応の連鎖はまだ続くんですよ
従って、サンチアゴ航空が運行していたとされるアーヘン空港からポルト・アレグレ空港への直行便も実在しない そもそも、ウィークリー・ワールド・ニューズの主な記事はジョークもしくは何らかのパロディであり、ウィークリー・ワールド・ニューズ自体が超自然現象や超常現象に関するフィクションならびにジョークを主に扱う風刺タブロイド紙である
つまり、タブロイド紙『ウィークリー・ワールド・ニュース』が、面白ネタとして創作したオリジナルのフィクション物語であると考えられるのだ 故に、それよりも前に路線就航しているスーパーコンステレーションは自動着陸出来ないはずである
1989年10月12日空港の許可を得ずにいきなり着陸した飛行機がありました 失踪から400年ほど後、調査の結果、失踪があった時代の金貨や指輪がクロアタン族首都あたりで見つかった
しかし、そもそもこのような事件が存在したとの当時の報道、事故報告などの情報源はいまだに示されたことが無い 従って、サンチアゴ航空が運行していたとされるアーヘン空港からポルト・アレグレ空港への直行便も実在しない
73