箱根 駅伝 2020 往路 結果。 【箱根駅伝】往路全成績 上位4チームが往路新記録をマーク!― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

中谷選手が先頭集団の後方に 前も後ろも捉えづらい位置な上一斉スタートです
区間賞をとってほしかった• 1区6位 吉田 圭太 4 1:03:18 2区14位 中村 唯翔 2 1:08:29 3区14位 湯原 慶吾 3 1:04:48 4区4位 佐藤 一世 1 1:03:09 5区17位 竹石 尚人 4 1:15:59 どうしても竹石くんの走りに注目が集まってしまいがちでしょうが、全体を通してらしからぬ駅伝-全日本から変わっていない-だったと思います 箱根駅伝2020の往路のチーム結果• …ここがうまく嵌ることを首脳陣も期待したのでしょうが、終始低空飛行となってしまいました
終始安定した走りで素晴らしいタスキリレーでした トップでスタートしたのは、東洋大学の田中龍誠選手
10km通過地点で、2連続区間賞を獲得してきた東洋大学・西山和弥選手が、先頭集団から後退する予想外の展開 47 往路大量リードで無ければ復路正直どうだろう…と事前には考えていました
区間賞インタビューでルカ・ムセンビ選手が通訳をしていました 18 1:03:14 10区 神戸 駿介 4 29:28. 激しい高低差がランナーを苦しめるため、番狂わせが起こりやすいコースでもある
鎌田選手が法政大学21年ぶりの1区区間賞を獲得しました 10:54:20 國學院大• 最後にそこを覆すことが来季に繋がると思われます
なお、吉川洋次選手が区間新記録をマークしたものの、神奈川大学の大塚倭選手がさらに1秒上回り区間新記録を樹立 生まれつき「網膜色素変性症」という病気で視力が弱いハンデを持つ嶋津は5・6キロ付近での佐伯陽生(1年)を抜いて首位に浮上
欲をいえば• 駒澤大学• また、4年連続で6区の下りのスペシャリストの小野田勇次選手は卒業しています 2位はムルワ選手、3位は名取選手、4位には池田選手が入りました

2位は國學院大学の藤木宏太選手。

第95回 箱根駅伝 2019 往路の結果 と区間記録は以下の通り。

大健闘の結果、5位まで順位をあげた。

國學院大学• スポンサーリンク 参考!第95回 箱根駅伝2019 往路 結果 平成最後の箱根駅伝、第95回 箱根駅伝 2019は東海大学が王者青学を破って優勝しました。

東洋大学は1区から5区まで、1位を堅守し続け、見事往路優勝を果たした。

5km付近で東海大学の佐伯陽生選手を抜き1位が代わる。

また、駒澤大学の小林選手も終盤で順位を1つ上げました。

2位は一昨年の覇者 東洋大学。 東海大学• 5:37:53 筑波大• 創価大• 全日本大学駅伝は15位です。 山登りの5区。 東京国際大学史上初となる、トップでタスキを繋ぎ、区間新記録を樹立しました。 六郷橋の下りからレースが動き、先頭争いがはじまる。
71