神戸 山口組 射殺。 神戸山口組・古川幹部射殺事件ヒットマンの動機と“黒幕”全容 (2021年2月21日)

犯行後、堀田組員が運転する車で逃走し、2人は警察署に出頭して逮捕、起訴された。

救急車は到着しているのに、古川幹部は横たわったまま、布を被せられた状態だと聞かされたからだ 小さいから
ヤクザながら、かわいそうな人です」. 正確には、古川幹部の息子が経営する居酒屋である これが神戸山口組の古川幹部が射殺されたという第一報だった
六代目山口組を率いる司忍組長が設立した「司興業」の幹部でした 個人的な気持ちでやったこと」と主張
警察とマスコミが喜ぶだけなんですが、名門のメンツとして、それはしょうがないのでしょうね 六代目山口組と対立する、神戸山口組の古川恵一幹部が、兵庫県尼崎市の繁華街で銃殺されたのである
絆會から六代目山口組への移籍が続出 ちなみに現在の絆會は、六代目山口組に移籍する関係者が後を絶たないようです そこには、後に起こる射殺事件の前兆など微塵もなかった
「すべては井上邦雄組長の意思次第だ」 「山本彰彦・元二代目木村會会長も同じ処遇であり、これも戦略のうちと考えられる なんと絆會傘下の竹内組の先代と当代がもめて、先代が車の中で当代を撃っています
だが、破門は偽装との見方もあり、捜査当局は、山口組による対立抗争の可能性もあるとみて捜査している 争点は殺意と共謀の有無となったが、検察側は被告人質問で2人の証言の〝矛盾〟を指摘したのだ
同容疑者は山口組系の元組員で昨年末に破門されていたという その間に、自動小銃と回転式拳銃、実弾を入手
あんたに今辞められると、格好がつかない』と引退を認められなかった 昭和58年ごろに渡世入りした朝比奈元組員は、一度は足を洗ったものの平成4年ごろに再び組員として活動を始め、平成30年12月に処分される直前は、六代目山口組・安東美樹若頭補佐率いる二代目竹中組(兵庫姫路)に所属
「やっぱり暴力団は怖い」「出ていけ」という住民感情が高まると、地元警察だけではなくて警察庁が動く可能性もあります 今回の射殺事件に関する予兆もすでに起きていた
78

「組織として立ち続けるのに、数は問題ではなくなってきている。

が、血と硝煙の匂いが漂う現場にはリアルな恐怖しかない。

古川総裁は顔も撃たれていて、マフィア映画みたいな「蜂の巣」状態でした。

当代の命には別状はないそうですが、この原稿を書いている11月6日現在も、先代は指名手配中です。

県警は山口組分裂に絡んだ抗争事件の可能性があるとみて、捜査を進めている。

59