ベニジピン 塩酸 塩。 ベニジピン塩酸塩錠4mg「NS」

36
高齢者 「高齢者への投与」の項参照 重要な基本的注意 1. 溶出挙動 一般名 ベニジピン塩酸塩 一般名 Benidipine Hydrochloride 化学名 3-[ 3RS -1-Benzylpiperidin-3-yl]5-methyl 4RS -2,6-dimethyl-4- 3-nitrophenyl 1,4-dihydropyridine-3,5-dicarboxylate monohydrochloride 分子式 C 28H 31N 3O 6・HCl 分子量 542. 急に中止すると、反発的に症状が悪化するおそれがあります KEGG DRUG 取扱い上の注意. 降圧作用を有する薬剤 血圧が過度に低下することがある
授乳中の婦人への投与は避けることが望ましいが、やむを得ず投与する場合は、授乳を避けさせること 顔のほてり、潮紅、頭痛• アルコールは、めまいや動悸などの副作用を強めます
シメチジンが肝ミクロソームにおけるカルシウム拮抗剤の代謝酵素を阻害する一方で胃酸を低下させ薬物の吸収を増加させるとの報告がある 腎臓: 頻度不明 BUN上昇、クレアチニン上昇
ジゴキシンの血中濃度と心臓の状態をモニターし、異常が認められた場合には、ジゴキシンの用量の調節又は本剤の投与を中止する また、心臓の収縮をおさえて、心臓を休ませる働きもします
具体的な症状について説明したいと思います 一般的には、安定した効果を発揮する持効タイプの製剤が用いられます(1日1回もしくは2回の服用でよいもの)