し じん そう の 殺人 明智 さん 最後 の 言葉。 屍人荘の殺人のレビュー・感想・評価

監督はドラマ「99. 残されたのは葉村と美冬。

その時はあらすじを読まず、タイトルもそんなに深く考えることなく読み始めたのですが、色んな展開に驚きましたし、最後まで犯人が誰なのか分からなくて、ハラハラして楽しかったです。

[クリックで本文表示] ミステリー映画と思い見る気になったのに!なんだ、このゾンビ映画は! 原作小説を書いた作家さんの発想力は評価しますが、ストーリーそのものはどうなんでしょう? こんなパニック状況に追い込まれ、自分の生死が危うい時に、冷静に犯行を完結出来るのか? どうして皆個室入り密室状況を作りたがる?こんな時は固まってた方が生存確率は高まるだろうに!実感のないミステリー小説の御都合主義の世界! 映画としてはクソだと思います。

続きがとっても気になるラストでした。

ゾンビについて話し合いが行われるが、今日はもう夜遅い為休むことに。

しかし、このとき特に怪しい動きをしていた人間はいませんでした。

しかし、どう考えても進藤はゾンビに噛まれているのです。

その建物には予言者のサキミという老女が住んでいるそうです。

神紅大学に入学したこと• 「私は、これから起こる事件の犯人がわかったよ。

しかし、全体的には楽しい映画でした。

44 34 24