山本 一郎。 山本一郎、ヤフーの「全記事削除」で痛感した矛盾

【3分でわかる山本一郎 やまもといちろう 氏の現在】 1 映画「この世界の片隅に」の能年玲奈の事務所からの圧力問題について、山本一郎が事務所側を擁護する論旨の主張を展開 2 町山智浩氏がそれに反撃し、最終的に山本一郎は沈黙 ・ 3 なぜ「圧力はなかった」と事務所をかばうのか 私も本記事の原稿料を当て込んで,どーんとお金をちょっぴり使いました 他軍団の皆さんが集うコロニーを発見! 力と力のぶつかり合い……というよりこれでは空き巣できません
ところが,蛇の道は蛇と申します 2ちゃん出身といえる山本さんが、記事に付帯する匿名のコメントがコンテンツの一部ではないなどということは言わないですよね
見た目離れたところからお城を攻撃しているはずなのに,城門には衝車の丸太がジャストヒット! 物理法則を凌駕する史上最強の三國志の世界が貴殿の目の前に広がります ところが、すでにかれこれ10年前から、山本氏をめぐる疑惑は根強くネット民の一部でささやかれ続けており、その百戦錬磨のネット民でさえ、かえってその謎の大きさゆえに山本氏をめぐるダンジョンが攻略本でもなければ迷ってしまうほどのスケールです
もちろん、ユーザーが求めるニュースを流すことが収益の最大化に繋がるというのは事業者としては痛いほど分かる一方、ユーザーの読みたいニュースを選別して送り続けることが「フィルターバブル」を作り上げ、社会問題に対する認識や態度が似通った人たちがネット上でクラスター化することで、これらクラスター間を繋ぐ人物や記事が弱くなり、結果として社会がネットにより分断されるリスクがあることは指摘されてきました Yahoo! まわりに迷惑をかけるなら、なぜ、山本一郎氏との争いを続けるのかと、お叱りの声もあると思います
裁判が始まり、ほぼ1年間たってますから、双方の主張も出尽くし、さすがに終わりが見えてきました 山本氏以外はここで本稿閉じていただいて結構です
本来はとても怖ろしいはずの感染症への拡大防止策は国家ぐるみの壮大なギャグの様相を呈しており、「お願いベース」では1年と緊張感を持ち続けることはできなかったということになります 習慣的な嘘つきになる — 大澤めぐみ kinky12x08 6 過去に差別発言や排外主義的発言を繰り返してきた「元祖ネット右翼」の過去もあらためてフィーチャーされる
わたくしは2000年くらいからネットの世界に足を踏み入れて現在に至りますが、そもそも山本一郎という人が、あの2ちゃんの「切り込み隊長」だということは、しばらく知りませんでした もっと初心者に単純に楽しんでもらうにはどうしたらいいんだ」を煮詰めて考え抜いた結果,このゲームはこのような仕様になったのではないかと思うんですよね
さすがに、LINE問題の記事が当初ヤフーニュースのトップどころかトピックスでも出ていないので二度見しました にて二軍・三軍のデータ解析部門をから担当 した
もちろん、政策の現場や公衆衛生をやっている人たちからすれば、いま目の前のコロナ感染者が急増して大阪では医療崩壊を起こしてしまっているので、オリンピックに関係なく緊急事態宣言を打つのは当然とも言えます 商売あがったり ちなみにワイのお薦めは,なんと言っても N 廖化さん! 見たまえ,この神々しいスキル 「連帯」を! 歩兵武将を5人詰め込んだ部隊に廖化さんがいるだけで,対全兵種の攻撃力が5%も上がってしまうんです! まるで 『Vやねん! JAPANのニュース配信ポリシーを盾にストレートニュースすらヤフーニュース上で報じられなかったことや、あれだけ読まれた現代ビジネスでの私の記事さえもヤフートピックスに掲載されない状況を見ると、プラットフォーム事業者としての中立性、自律性を考えず、ユーザーのために何を報じるべきかも自分たちで判断できなくなってしまったのではないかという危惧も覚えます
ヤフーニュース個人に限らず、ニュース配信事業はコストの塊で、ユーザーの知る権利とか報道原則によるコンプライアンスという観点とは別に、儲からないうえに成長するような事業でもないので、明らかに雑に扱われるようになったことで、今回のような言論封殺のような記事削除すらもたいした検討すらした経緯もないまま気兼ねなく実施できてしまっているのでしょう また松浦氏本人にも薬疑惑が囁かれたことがあり、五年ほど前には右翼が街宣をかけたこともあった
12 11
事件では、元社員のマネージャーも逮捕されている。 ひとつは、過去に執筆した記事はウェブに残り、私の活動の軌跡としてネット上のウェブ資産として長く残るからです。 事態はツイッター上に飛び火。 こういう団体がなぜか山本一郎に上席研究員の肩書きを与えているのです。 そんな中、コラムニストの伊是名夏子さんが、先日階段しかない無人駅を観光で訪問し、事前の相談をしないままJR東日本に車椅子の対応を求めたことで騒ぎが起きました。 「身障者の人にも健常な人と同様の生活を送れるような社会にしよう」というのは理想であって、現実には身障者本人だけでなく、乗る車椅子も含めて、別の健常者が手配され、階段を登ったり降りたり、車両に乗せたり、車椅子を積み込んだりしなければなりません。 みなさまのご理解の一助になれば幸いです。 本業のCDの売り上げが不調だが、松浦氏の役員報酬は二億四九〇〇万円と、大盤振る舞い。
96